サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0823-29)

目次

マクマリー有機化学 第6版 中

マクマリー有機化学 第6版 中

  • John McMurry(著)/ 伊東 【ショウ】(訳者代表)/ 児玉 三明(訳者代表)
  • 15.ベンゼンと芳香族性
    • 15・1 芳香族炭化水素の供給源
    • 15・2 芳香族化合物の命名法
    • 15・3 ベンゼンの構造と安定性
    • 15・4 ベンゼンの分子軌道法による表現
    • 15・5 芳香族性とHückelの4n+2則
    • 15・6 芳香族イオン
    • 15・7 複素環式芳香族化合物:ピリジンとピロール
    • 15・8 なぜ4n+2なのか
    • 15・9 多環式芳香族化合物:ナフタレン
    • 15・10 芳香族化合物の分光学
    • 化学余話 アスピリン,NSAID,COX-2阻害剤
    • まとめと重要語句
  • 16.ベンゼンの化学:芳香族求電子置換
    • 16・1 芳香環の臭素化
    • 16・2 その他の芳香族置換
    • 16・3 芳香環のアルキル化:Friedel‐Crafts反応
    • 16・4 芳香環のアシル化
    • 16・5 置換芳香環における置換基効果
    • 16・6 置換基効果の説明
    • 16・7 三置換ベンゼン:効果の加成性
    • 16・8 芳香族求核置換
    • 16・9 ベンザイン
    • 16・10 芳香族化合物の酸化
    • 16・11 芳香族化合物の還元
    • 16・12 三置換ベンゼンの合成
    • 化学余話 コンビナトリアル ケミストリー
    • まとめと重要語句
    • 反応のまとめ
  • 有機反応の復習
    • Ⅰ 有機反応の種類のまとめ
    • Ⅱ 反応機構のまとめ
  • 17.アルコールとフェノール
    • 17・1 アルコールとフェノールの命名法
    • 17・2 アルコールとフェノールの性質:水素結合
    • 17・3 アルコールとフェノールの性質:酸性度と塩基性度
    • 17・4 アルコールの製法:復習
    • 17・5 カルボニル化合物の還元によるアルコールの合成
    • 17・6 カルボニル化合物へのGrignard試薬の付加によるアルコールの合成
    • 17・7 アルコールの反応
    • 17・8 アルコールの酸化
    • 17・9 アルコールの保護
    • 17・10 フェノールの製法と用途
    • 17・11 フェノールの反応
    • 17・12 アルコールとフェノールの分光学
    • 化学余話 エタノールは化学薬品,薬物,毒物である
    • まとめと重要語句
    • 反応のまとめ
  • 18.エーテルとエポキシド;チオールとスルフィド
    • 18・1 エーテルの命名法
    • 18・2 エーテルの構造,性質および供給源
    • 18・3 Williamsonエーテル合成
    • 18・4 アルケンのアルコキシ水銀化
    • 18・5 エーテルの反応:酸開裂
    • 18・6 エーテルの反応:Claisen転位
    • 18・7 環状エーテル:エポキシド
    • 18・8 エポキシドの開環反応
    • 18・9 クラウンエーテル
    • 18・10 チオールとスルフィド
    • 18・11 エーテルの分光学
    • 化学余話 エポキシ樹脂と接着剤
    • まとめと重要語句
    • 反応のまとめ
  • カルボニル化合物の予習
    • Ⅰ.カルボニル化合物の種類
    • Ⅱ.カルボニル基の性質
    • Ⅲ.カルボニル化合物の一般的な反応
    • Ⅳ.まとめ
  • 19.アルデヒドとケトン:求核付加反応
    • 19・1 アルデヒドとケトンの命名法
    • 19・2 アルデヒドとケトンの製法
    • 19・3 アルデヒドとケトンの酸化
    • 19・4 アルデヒドとケトンの求核付加反応
    • 19・5 アルデヒドとケトンの反応性の比較
    • 19・6 H2Oの求核付加:水和
    • 19・7 HCNの求核付加:シアノヒドリンの生成
    • 19・8 Grignard試薬とヒドリド試薬の求核付加:アルコールの生成
    • 19・9 アミンの求核付加:イミンとエナミンの生成
    • 19・10 ヒドラジンの求核付加:Wolff‐Kishner反応
    • 19・11 アルコールの求核付加:アセタールの生成
    • 19・12 リンイリドの求核付加:Wittig反応
    • 19・13 Cannizzaro反応:生物学的還元
    • 19・14 α,β‐不飽和アルデヒドおよびケトンに対する共役求核付加
    • 19・15 生体内求核付加反応
    • 19・16 アルデヒドとケトンの分光学
    • 化学余話 エナンチオ選択的合成
    • まとめと重要語句
    • 反応のまとめ
  • 20.カルボン酸とニトリル
    • 20・1 カルボン酸とニトリルの命名法
    • 20・2 カルボン酸の構造と物理的性質
    • 20・3 カルボン酸の解離
    • 20・4 酸性度に及ぼす置換基効果
    • 20・5 置換安息香酸における置換基効果
    • 20・6 カルボン酸の製法
    • 20・7 カルボン酸の反応:概論
    • 20・8 カルボン酸の還元
    • 20・9 ニトリルの化学
    • 20・10 カルボン酸とニトリルの分光学
    • 化学余話 ビタミンC
    • まとめと重要語句
    • 反応のまとめ
  • 21.カルボン酸誘導体と求核アシル置換反応
    • 21・1 カルボン酸誘導体の命名法
    • 21・2 求核アシル置換反応
    • 21・3 カルボン酸の求核アシル置換反応
    • 21・4 酸ハロゲン化物の化学
    • 21・5 酸無水物の化学
    • 21・6 エステルの化学
    • 21・7 アミドの化学
    • 21・8 チオエステルとアシルリン酸:生体内のカルボン酸誘導体
    • 21・9 ポリアミドとポリエステル:遂次成長ポリマー
    • 21・10 カルボン酸誘導体の分光学
    • 化学余話 β‐ラクタム系抗生物質
    • まとめと重要語句
    • 反応のまとめ
  • 22.カルボニルα置換反応
    • 22・1 ケト‐エノール互変異性
    • 22・2 エノールの反応性:α置換反応の機構
    • 22・3 アルデヒドとケトンのαハロゲン化
    • 22・4 カルボン酸のα臭素化:Hell‐Volhard‐Zelinskii反応
    • 22・5 α水素原子の酸性度:エノラートイオンの生成
    • 22・6 エノラートイオンの反応性
    • 22・7 エノラートイオンのハロゲン化:ハロホルム反応
    • 22・8 エノラートイオンのアルキル化
    • 化学余話 有機化学における珍しい元素
    • まとめと重要語句
    • 反応のまとめ
  • 23.カルボニル縮合反応
    • 23・1 カルボニル縮合反応の機構
    • 23・2 アルデヒドとケトンの縮合:アルドール反応
    • 23・3 カルボニル縮合反応とα置換反応の比較
    • 23・4 アルドール生成物の脱水:エノンの合成
    • 23・5 合成におけるアルドール反応の利用
    • 23・6 混合アルドール反応
    • 23・7 分子内アルドール反応
    • 23・8 Claisen縮合反応
    • 23・9 混合Claisen縮合
    • 23・10 分子内Claisen縮合:Dieckmann環化
    • 23・11 Michael反応
    • 23・12 Storkエナミン反応
    • 23・13 合成におけるカルボニル縮合反応:Robinson環形成反応
    • 23・14 生体内カルボニル縮合反応
    • 化学余話 代謝へのプロローグ
    • まとめと重要語句
    • 反応のまとめ