サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

目次

  • 序 法をめぐる知
  • 第1章 H・ケルゼンの法思想
    • 1 権利と義務の構成
    • 2 人格と帰報
    • 3 国家の法学的形態
    • 4 実定法と自然法
    • 5 根本規範の思想
    • 6 正義か平和か
  • 第2章 法学と社会学
    • 1 最小限の自然法
    • 2 行為の計算可能性
    • 3 社会構造の複雑性
    • 4 実定法の妥当性
    • 5 制度と縮減
    • 6 パーソンズの予期論
    • 7 役割論と自由論
    • 8 他者の類型化と自己
    • 9 秩序を生みだす法
  • 第3章 N・ルーマンと法
    • 1 法の実定性と妥当性
    • 2 ケルゼンとカント認識論
    • 3 命題的真理性と規範性
    • 4 規範の社会的妥当性
    • 5 抗事実的な行動予期
    • 6 実定法の妥当根拠
    • 7 他者たちの体験内容
    • 8 規範体系の真理関連性
  • 第4章 M・ウェーバーと法
    • 1 社会秩序と法秩序
    • 2 ウェーバーと合理性
    • 3 A・シュッツの思想
    • 4 国家秩序以前的な法の事実
    • 5 社会的素材としての法的関係
    • 6 法の真の問題とは何か
  • 第5章 H・ケルゼンと現代
    • 1 討議による根拠づけ
    • 2 法の認識論の固有性
    • 3 実体主義の排除
    • 4 共同社会行為と法
    • 5 生活世界の植民地化
    • 6 国法論としての国家論
  • 付論 J・ハーバーマスを読む
    • 1 実践と認識の関係
    • 2 マルクスの生産論への批判
    • 3 生活世界の合理化
    • 4 世界の脱呪術化
    • 5 マルクス理論を超えて
    • 6 市民的公共性へ
    • 7 批判原理としての真理性