サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

財務会計 第5版

財務会計 第5版

  • 広瀬 義州(著)
  • 第1章 財務会計の意義
    • 1.会計の意味
    • 2.会計の種類
    • 3.財務会計と会計規範
    • 4.財務会計の機能
  • 第2章 財務会計の基礎的前提と概念フレームワーク
    • 1.ビジネスの言語としての財務会計
    • 2.基礎的前提
    • 3.財務会計の概念フレームワーク
  • 第3章 財務会計の処理プロセスとそのメカニズム
    • 1.複式簿記のメカニズムと個別財務諸表の作成
    • 2.財務諸表の構成要素と基礎概念
    • 3.取引記録と勘定記入
    • 4.仕訳と転記
    • 5.決算手続と個別財務諸表の作成
    • 6.連結財務諸表の作成
  • 第4章 財務会計のフレームワーク
    • 1.現行財務会計のフレームワーク
    • 2.商法会計
    • 3.証取法会計
    • 4.税務会計
  • 第5章 財務会計の基礎理論
    • 1.現行財務会計の計算構造上の特徴
    • 2.原価-実現主義の意味
    • 3.取得原価主義会計の論拠
    • 4.取得原価主義会計の再検討
  • 第6章 会計基準と企業会計原則
    • 1.会計基準の端緒
    • 2.会計原則と会計基準
    • 3.企業会計原則
    • 4.一般原則
  • 第7章 財務状況の計算と貸借対照表
    • 1.ストック情報としての貸借対照表
    • 2.財務状況の計算方法と貸借対照表の意義
  • 第8章 資産の意義と評価
    • 1.資産会計の意義
    • 2.資産の分類基準
    • 3.資産の評価基準
    • 4.資産の取得価額の決定方法
  • 第9章 現金・預金の会計と報告
    • 1.現金の意義
    • 2.預金の意義
  • 第10章 金銭債権の会計と報告
    • 1.金銭債権の意義
    • 2.売上債権の意義
    • 3.その他の債権
    • 4.貸倒見積額の算定
  • 第11章 有価証券の会計と報告
    • 1.有価証券の意義と分類
    • 2.有価証券の取得原価の決定
    • 3.有価証券の差入・保管・貸借
    • 4.有価証券の評価
    • 5.有価証券の売却
  • 第12章 棚卸資産の会計と報告
    • 1.棚卸資産の意義
    • 2.棚卸資産の取得限界の決定
    • 3.棚卸資産の原価配分
  • 第13章 有形資産の会計と報告
    • 1.有形資産の意義
    • 2.有形固定資産
    • 3.減価償却
    • 4.総合償却
    • 5.有形固定資産の除却と取替法
    • 6.投資その他の資産
    • 7.資産の減損処理
  • 第14章 無形資産の会計と報告
    • 1.無形資産の意義
    • 2.のれんの会計
    • 3.ソフトウェアの会計処理
    • 4.研究開発費の合計
  • 第15章 繰延資産の会計と報告
    • 1.繰延資産の意義
    • 2.繰延資産の内容
    • 3.臨時巨額の損失の繰延べ
  • 第16章 負債の会計と報告
    • 1.負債会計の意義
    • 2.負債の分類基準
    • 3.金銭債務
    • 4.引当金
    • 5.社債
  • 第17章 資本の会計と報告
    • 1.資本会計の意義
    • 2.株式会社の資本とその分類
    • 3.設立の会計処理
    • 4.増資の会計処理
    • 5.減資の会計処理
    • 6.自己株式
    • 7.合併の会計処理
    • 8.商法上の会計処理
    • 9.株式交換と株式移転の会計処理
    • 10.会社分割の会計処理
    • 11.受贈資本と評価替資本の会計処理
    • 12.利益処分と損失処理
  • 第18章 経営成績の計算と損益計算書
    • 1.フロー情報としての損益計算書
    • 2.損益計算書の構成要素と内容
    • 3.費用収益対応の原則
    • 4.期間損益計算の本質
    • 5.損益の分類
  • 第19章 損益の会計と報告
    • 1.収益の意義とその計上基準
    • 2.収益の計上基準としての実現主義
    • 3.収益の計上基準としての現金主義
    • 4.収益の計上基準としての発生主義
    • 5.内部利益の控除
    • 6.費用の意義とその計上基準
    • 7.損益の見越しと繰延べ
  • 第20章 リース取引の会計と報告
    • 1.リース取引の意義
    • 2.リース取引の分類
    • 3.ファイナンス・リース取引の会計処理
    • 4.オペレーティング・リース取引の会計処理
  • 第21章 金融商品の会計と報告
    • 1.金融商品とデリバティブ
    • 2.金融商品の範囲
    • 3.金融資産および金融負債の認識と消滅
    • 4.金融資産および金融負債の評価
    • 5.ヘッジ会計
  • 第22章 外貨換算の会計と報告
    • 1.外貨換算会計の意義
    • 2.外貨建取引の換算
    • 3.在外支店の財務諸表項目の換算
    • 4.在外子会社等の財務諸表項目の換算
  • 第23章 企業集団の会計と報告
    • 1.企業集団と企業結合会計
    • 2.連結財務諸表の意義
    • 3.連結財務諸表作成の一般原則
    • 4.連結財務諸表作成の一般基準
    • 5.連結財務諸表作成の基礎
    • 6.連結貸借対照表の作成基準
    • 7.連結損益計算書の作成基準
    • 8.連結剰余金計算書の作成基準
    • 9.支配獲得後における資本連結手続
    • 10.持分法
    • 11.株式交換のケースにおける資本連結手続
    • 12.企業集団の会社分割
    • 13.連結財務諸表の機能
    • 14.連結財務諸表の表示
    • 15.連結財務諸表の注記事項
    • 16.セグメント情報
    • 17.連結キャッシュ・フロー計算書
    • 18.中間連結財務諸表
  • 第24章 税効果の会計と報告
    • 1.税効果会計の意義
    • 2.資産負債法と一時差異
    • 3.単体ベースの税効果会計
    • 4.連結ベースの税効果会計
  • 第25章 財務報告
    • 1.財務報告の意義
    • 2.財務報告の範囲
    • 3.基本財務諸表
    • 4.補足財務諸表または補足情報
    • 5.その他の財務報告の手段