サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 民国初期の西洋美術受容と李叔同
    • 1 画家修業に専念しなかった日本留学
    • 2 白馬会展出品と卒業制作の《自画像》
    • 3 中国初の裸体モデル使用
    • 4 「書」と「洋画」
  • 第一章 西洋美術受容の高潮期
    • 1 「臨【ボ】」と「写実」
    • 2 一九二〇年前後の中国美術界
    • 3 十ヶ月間の日本滞在
    • 4 画家へのもう一つの道
    • 5 劉海粟と裸体美術論争
    • 6 豊子愷と裸体美術
  • 第二章 「労働」「子ども」「宗教」を描く画家-豊子愷とミレー
    • 1 李叔同・夏【ベン】尊・豊子愷とミレー
    • 2 「農民画家」ミレーに学ぶ
    • 3 「子ども」の発見
    • 4 宗教の画家として
  • 第三章 ゴッホは文人画家か-豊子愷と黒田重太郎
    • 1 『谷訶生活』と『ヷン・ゴオグ』
    • 2 「人品すでに高ければ」-生得の天才ゴッホ
    • 3 「孤高」のイメージと商業主義への嫌悪
    • 4 ゴッホ作品の主観性
    • 5 ゴッホの文学嗜好
    • 6 ゴッホのジャポニスム
    • 7 西洋の裡なる東洋としてのゴッホ
  • 第四章 ゴッホ作品を通しての伝統再発見
    • 1 ゴッホとミレー
    • 2 筆線の変質
    • 3 文人画法による「肖像画」
    • 4 文人的「静物画」の誕生
    • 5 ゴッホ作品を通しての伝統再発見
  • 第五章 豊子愷と竹久夢二
    • 1 『夢二画集』との出会い
    • 2 文人性の共鳴
    • 3 東洋の筆致、西洋の構図
    • 4 日常的な画題の発見
  • 第六章 豊子愷と北澤楽天
    • 1 残忍相、悲惨相、醜悪相へのまなざし
    • 2 世態人情漫画
    • 3 金言、警句、諺、古詩を画題に
    • 4 戦時相を描く
    • 5 ストーリー漫画の出現
    • 6 描かれなかった「時事」「エログロ」漫画
    • 7 豊子愷が見た日本漫画
  • 第七章 豊子愷が見た西洋近代画家
    • 一 芸術と人格
    • 二 仏教的、東洋的価値観
    • 三 テキストの差異
  • 第八章 豊子愷の中国美術優位論
    • 1 現代芸術における中国美術の勝利
    • 2 中国美術優位論と日本
    • 3 文人画と表現主義
    • 4 大村西崖と陳師曾
    • 5 中国美術優位論への同調
    • 6 反文人画の声
    • 7 伝統回帰する画家たち
    • 8 美術優位論と日中のナショナリズム
  • 第九章 中国文人画の近代化
    • 1 『芥子園画伝』再発見
    • 2 「額縁」に収められた文人画モチーフ
    • 3 イメージの連鎖
    • 4 視点の変化
    • 5 伝統モチーフの再生
  • 終章 中国文人の西洋美術受容
    • 一 文芸観における東と西
    • 二 伝統をいかに変えるか