サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

目次

刑法総論

刑法総論 (法科大学院テキスト)

  • 高橋 則夫(著)/ 伊東 研祐(著)/ 井田 良(著)/ 杉田 宗久(著)
  • 第1章 刑法の意義、刑法の役割と機能
    • 1 刑事法の中の刑法
    • 2 刑法の任務と機能
    • 3 刑法による法益保護のあり方
  • 第2章 犯罪現象、犯罪の原因と対策
    • 1 統計からみた犯罪現象
    • 2 犯罪原因に関する仮説
    • 3 刑事政策論の基礎
  • 第3章 刑罰理論と現行刑罰制度
    • 1 刑罰理論
    • 2 刑罰とその種類
  • 第4章 日本刑法の歴史と比較刑法学
    • 1 律令制への回帰試行から西欧近代法の承継へ
    • 2 フランス法の継受と対抗勢力-フランス刑法への傾斜
    • 3 ドイツ法の継受へ
    • 4 第2次大戦後におけるアメリカ法の影響
    • 5 比較刑法学の視点
  • 第5章 刑法とその解釈
    • 1 罪刑法定主義の意義と根拠づけ
    • 2 罪刑法定主義の内容
    • 3 罪刑法定主義と実体的適正手続
  • 第6章 犯罪論の目的と機能
    • 1 犯罪論における議論の特徴
    • 2 犯罪論の目的
    • 3 実践的学問としての犯罪論
    • 4 犯罪論の体系-分析的思考過程の客観化
    • 5 犯罪論の体系構成
    • 6 処罰条件・処罰阻却事由等
  • 第7章 法人の犯罪能力
    • 1 法人の犯罪能力
    • 2 法人処罰の根拠
    • 3 両罰規定の意義・処罰根拠
    • 4 両罰規定の規範的構造
  • 第8章 不作為犯
    • 1 不作為の概念
    • 2 不作為の因果関係
    • 3 不作為「犯」
    • 4 不作為犯の成立要件
    • 5 ひき逃げと不作為犯
  • 第9章 行為と結果
    • 1 刑法における結果の概念
    • 2 犯罪論における結果の地位
    • 3 危険犯
    • 4 犯罪の結果と犯罪の終了
  • 第10章 因果関係
    • 1 因果関係(論)の法的性格
    • 2 条件関係
    • 3 相当因果関係
  • 第11章 故意
    • 1 故意における事実認識の程度
    • 2 確定的故意と不確定的故意
    • 3 未必の故意
    • 4 故意の体系的地位
  • 第12章 錯誤
    • 1 具体的事実の錯誤
    • 2 抽象的事実の錯誤
  • 第13章 過失犯-基礎理論
    • 1 過失犯の構造論
    • 2 「結果の予見可能性」の意味と程度
    • 3 結果回避義務とその捉え方
  • 第14章 過失犯-管理・監督過失
    • 1 管理・監督責任の意義
    • 2 監督過失
    • 3 管理過失
  • 第15章 違法性とその阻却
    • 1 実質的違法性と可罰的違法性
    • 2 行為無価値論と結果無価値論
    • 3 被害者の承諾
  • 第16章 緊急行為
    • 1 正当防衛の違法性阻却根拠
    • 2 正当防衛の要件
    • 3 防衛行為と第三者
    • 4 誤想防衛・過剰防衛・誤想過剰防衛
    • 5 緊急避難
    • 6 強要緊急避難
    • 7 自招危難
  • 第17章 責任論概説
    • 1 責任とは何か
    • 2 責任主義(結果的加重犯)
    • 3 違法性の意識とその錯誤
    • 4 期待可能性
  • 第18章 責任能力
    • 1 責任能力の判定基準
    • 2 原因において自由な行為
    • 3 実行行為途中からの責任無能力・限定責任能力
  • 第19章 未遂犯
    • 1 未遂犯の処罰根拠
    • 2 実行の着手
    • 3 不能犯
    • 4 中止犯
  • 第20章 正犯と共犯
    • 1 実行行為と正犯行為
    • 2 正犯と共犯の区別
    • 3 共犯の概念
    • 4 正犯と共犯の関係
    • 5 間接正犯
    • 6 共犯の従属性
    • 7 共犯の処罰根拠
    • 8 未遂の教唆
    • 9 必要的共犯
  • 第21章 共同正犯
    • 1 共同正犯の本質
    • 2 犯罪共同説と行為共同説
    • 3 構成要件の問題としての共同正犯
    • 4 共謀共同正犯
    • 5 共同正犯の構成要件
    • 6 承継的共同正犯
    • 7 予備罪の共同正犯
    • 8 過失犯の共同正犯
    • 9 共犯の中止と共犯関係からの離脱
  • 第22章 教唆犯と幇助犯
    • 1 教唆犯の構成要件
    • 2 幇助犯の構成要件
    • 3 共犯における結果と因果関係
  • 第23章 共犯と身分
    • 1 身分なき者と横領の共犯
    • 2 65条をめぐる学説
    • 3 65条の適用範囲
    • 4 65条1項における「共犯」の意義
    • 5 事後強盗罪と共犯
    • 6 身分者が非身分者の犯罪に関与した場合
  • 第24章 罪数
    • 1 罪数論の目的と機能
    • 2 罪数の形態と判断基準
    • 3 本来的一罪
    • 4 数罪
  • 第25章 量刑
    • 1 法定刑の軽重
    • 2 法定刑の加重・減軽-処断刑の形成
    • 3 宣告刑の形成
    • 4 刑の執行猶予
    • 5 没収・追徴
    • 6 刑の言渡し
  • 第26章 刑法の場所的適用範囲
    • 1 属地主義原則
    • 2 旗国主義による属地主義原則の拡張
    • 3 保護主義(すべての者の国外犯、公務員の国外犯)
    • 4 積極的属人主義(国民の国外犯)
    • 5 消極的属人主義(国民以外の者の〈国民に対する〉国外犯)
    • 6 世界主義(普遍主義・条約による国外犯)

法律・司法関係の資格・試験・職業 ランキング

法律・司法関係の資格・試験・職業のランキングをご紹介します一覧を見る