サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 文学教育基礎論の諸課題
    • 第1節 テクストの受容における〈読者〉の役割
    • 第2節 〈読者〉の役割を問う理論の展開
    • 第3節 文学作品の形式・構造の分析を問う理論の展開
  • 第1章 戦後日本における文学教育論の検討
    • 第1節 読者の行為へのいざない
    • 第2節 文学の授業における認識の成立
    • 第3節 戦後日本の読者論と文学教育
    • 第4節 学習者の読みを生かす授業の思想と方法
    • 第5節 文学教育基礎論構築のための課題
  • 第2章 読者反応理論の検討
    • 第1節 読者反応理論の形成と展開
    • 第2節 読者反応理論の諸相と文学教育
    • 第3節 読者反応理論に基づいた文学の授業
  • 第3章 文学の読みの動的構造の解明
    • 第1節 読むという行為の推進力
    • 第2節 「注文の多い料理店」におけるテクスト・ストラテジーの検討
    • 第3節 「オツベルと象」における対話構造の検討
  • 第4章 読みの方略と読者による意味構成過程の検討
    • 第1節 読みの〈方略〉に関する基礎論の検討
    • 第2節 読者の読みに及ぼすテクストの機能
    • 第3節 読者とテクストとの相互依存性
    • 第4節 読者の一貫性を組織化する条件
  • 第5章 文学の読みの発達論的検討
    • 第1節 文学の読みに関する発達論的研究の概観
    • 第2節 虚構テクストを読む力の発達
    • 第3節 読者のスタンスから見た読みの発達
    • 第4節 読みの個人的構成の発達
    • 第5節 文学を読む力の発達のすじみち
    • 第6節 文学を読む力の発達構造モデル
  • 第6章 文学教育におけるリテラシー実践の構築
    • 第1節 文学の授業における対話の成立
    • 第2節 文学反応の交流による〈脱中心化〉と〈内省〉
    • 第3節 コミュニケーション行為としての文学教育
    • 第4節 リテラシー実践の場としての文学の授業
  • 結章 研究の総括と展望
    • 第1節 読むという行為の解明
    • 第2節 学習者の読みを誘うテクストの機構を学びの契機とすること
    • 第3節 学習者の読みの方略及び意味構成過程
    • 第4節 学習者の読みのモデルの想定
    • 第5節 文学を読む力の発達のすじみちの解明
    • 第6節 読者反応を核としたリテラシー実践