サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

  • 第1章 基礎
    • 1・1 荷重
    • 1・2 支持条件および支持反力
    • 1・3 応力の定義
    • 1・4 応力の釣合い方程式
    • 1・5 ひずみの定義
    • 1・6 ひずみの適合条件
    • 1・7 ひずみエネルギー
    • 1・8 フックの法則と弾性係数
    • 1・9 弾性問題
    • 1・10 固体力学における変分原理
    • 1・11 熱応力
    • 1・12 有限変形理論
  • 第2章 引張り・圧縮とねじり
    • 2・1 棒の引張り・圧縮
    • 2・2 丸軸のねじり
    • 2・3 一様断面真直軸のねじり
    • 2・4 各種断面型の軸のねじり
    • 2・5 薄肉構造材のねじり
    • 2・6 コイルばね
    • 2・7 軸の応力集中
    • 2・8 組合せ応力を受ける軸
    • 2・9 軸の座屈
    • 2・10 応力波の伝ぱ
  • 第3章 はりの曲げ
    • 3・1 はりのせん断力と曲げモーメント
    • 3・2 断面二次モーメントおよび断面係数
    • 3・3 はりの曲げモーメントによる応力
    • 3・4 曲げモーメントによる傾斜とたわみ
    • 3・5 せん断力,曲げモーメント,たわみ,傾斜の図表
    • 3・6 主軸まわり以外の曲げによる応力とたわみ
    • 3・7 曲げひずみエネルギー
    • 3・8 せん断力によるはりの応力とたわみ
    • 3・9 移動荷重を受けるはり
    • 3・10 不静定ばり
    • 3・11 平等強さのはり
    • 3・12 組合せはり
    • 3・13 はりの塑性曲げ
    • 3・14 はりの衝撃曲げ
    • 3・15 曲りばり
    • 3・16 はりの座屈
  • 第4章 柱の圧縮・座屈
    • 4・1 短柱
    • 4・2 一様断面の長柱の座屈
    • 4・3 横荷重・集中曲げモーメントなどを受ける長柱
    • 4・4 初期たわみおよび偏心荷重を受ける長柱
    • 4・5 曲げを伴う長柱の軸圧縮強度
    • 4・6 中間軸荷重の作用を受ける長柱の座屈荷重
    • 4・7 断面の変化する柱
    • 4・8 せん断変形および圧縮変形の影響を受ける長柱の座屈荷重
    • 4・9 薄肉材よりなる柱の座屈
  • 第5章 平板の曲げ
    • 5・1 等方性平板の曲げ
    • 5・2 直交異方性平板の曲げ
    • 5・3 平板の座屈
  • 第6章 圧力・遠心力などを受ける円板,円筒および球
    • 6・1 円板
    • 6・2 円筒
    • 6・3 球
  • 第7章 応力集中,接触応力および接合応力
    • 7・1 応力集中
    • 7・2 接触応力
    • 7・3 接合応力
  • 第8章 構造力学
    • 8・1 骨組構造
    • 8・2 薄板構造
    • 8・3 薄肉はり構造
    • 8・4 殻構造
    • 8・5 薄肉構造物の座屈
  • 第9章 非弾性変形と構成式
    • 9・1 非弾性変形の分類
    • 9・2 単軸応力下の塑性変形
    • 9・3 塑性構成式
    • 9・4 塑性の一般的諸定理
    • 9・5 すべり線場の理論
    • 9・6 残留応力
    • 9・7 塑性不安定
    • 9・8 粘弾性変形
    • 9・9 クリープ変形
    • 9・10 統一型非弾性構成式
    • 9・11 結晶すべりに基づく構成式
    • 9.12 損傷変数
  • 第10章 材料の強度
    • 10・1 静的強度
    • 10・2 疲労強度
    • 10・3 高温強度
    • 10・4 環境強度
    • 10・5 衝撃強度
    • 10・6 強度設計
  • 第11章 破壊力学と界面力学
    • 11・1 線形弾性破壊力学
    • 11・2 弾塑性破壊力学
    • 11・3 破壊靱性
    • 11・4 界面力学
  • 第12章 複合材料の力学
    • 12・1 複合材料の特質
    • 12・2 一方向強化複合材料の力学特性
    • 12・3 粒子分散・短繊維強化複合材料の力学特性
    • 12・4 異方性
    • 12・5 積層板理論
    • 12・6 座屈と振動
    • 12・7 強度と破壊
    • 12・8 試験方法
  • 第13章 材料試験および実験応力解析
    • 13・1 静的強度試験
    • 13・2 疲労試験
    • 13・3 クリープ試験
    • 13・4 環境強度試験
    • 13・5 衝撃試験
    • 13・6 硬さ試験
    • 13・7 破壊靱性試験
    • 13・8 疲労き裂進展試験
    • 13・9 応力腐食割れ試験
    • 13・10 フラクトグラフィー(破面解析)
    • 13・11 き裂および欠陥の検査法
    • 13・12 材質劣化の検査法
    • 13・13 ひずみおよび応力の測定
    • 13・14 微小材料の試験