サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

幾何学的量子力学

幾何学的量子力学 (シュプリンガー現代理論物理学シリーズ)

  • 倉辻 比呂志(著)/ 稲見 武夫(編集)/ 川上 則雄(編集)
  • 第1章 序論
  • 第2章 経路積分と関連する問題
    • §2.1 変換関数とハミルトン-ヤコビ理論
    • §2.2 経路積分の構成:有限自由度系
    • §2.3 場の理論の例
    • §2.4 電磁場中の荷電粒子に対する経路積分
    • §2.5 強磁場中の荷電粒子系
    • §2.6 準古典展開
    • §2.7 ガウス型汎関数積分
    • §2.8 ポアソン和公式:経路積分とデータ関数
  • 第3章 準古典量子化理論
    • §3.1 Van‐Vleck行列式の導出とKeller‐Maslov指数
    • §3.2 Kellerの量子化
    • §3.3 GDHN量子化理論
    • §3.4 補足
  • 第4章 コヒーレント状態と量子変分原理
    • §4.1 ボソンコヒーレント状態
    • §4.2 スピンコヒーレント状態
    • §4.3 SU(1,1)コヒーレント状態
    • §4.4 リー群の表現と一般化されたコヒーレント状態
    • §4.5 経路積分
    • §4.6 一般の場合
    • §4.7 量子変分原理
    • §4.8 一般化された位相空間における力学形式
    • §4.9 準古典量子化
  • 第5章 幾何学的位相
    • §5.1 ディラック非可積分位相因子
    • §5.2 断熱定理とBerryの位相
    • §5.3 ファイバーバンドルと位相不変量
    • §5.4 経路積分とトポロジー的作用関数
    • §5.5 準古典量子化
    • §5.6 応用
    • §5.7 コヒーレント状態と幾何学的位相
    • §5.8 ノート
  • 第6章 位相不変量と輸送係数の量子化
    • §6.1 基本のアイディア
    • §6.2 磁場中の2次元Bloch電子
    • §6.3 断熱変形と一般化された輸送係数
    • §6.4 量子ホール効果への応用
    • §6.5 超流体におけるカレントの量子化
    • §6.6 補足
  • 第7章 ゲージ場のアノマリー
    • §7.1 準備事項
    • §7.2 カイラルアノマリー
    • §7.3 非アーベル異常項とゲージ場の交換関係
  • 第8章 量子凝縮体における位相欠陥
    • §8.1 超流動渦の力学
    • §8.2 2次元強磁性体のスピン渦
    • §8.3 He3Aにおける渦(芯無し渦)
    • §8.4 スピンを持つボーズ凝縮における渦
    • §8.5 BCS波動関数による渦の運動方程式
  • 第9章 量子ホール流体における素励起
    • §9.1 強磁場中の2次元電子系の基底状態
    • §9.2 素励起とその運動方程式
    • §9.3 分数量子化
    • §9.4 補足
  • 第10章 準古典量子化の非線型場への応用
    • §10.1 非アーベル単極子と位相不変量の効果
    • §10.2 (2+1)次元模型
    • §10.3 1次元ボーズ粒子系
    • §10.4 スピン場模型
    • §10.5 sin‐Gordonモデル
    • §10.6 Gross‐Neveu模型の準古典量子化
  • 第11章 補遺
    • §11.1 超対称量子力学とゼロモード
    • §11.2 フェルミ多体系の平均場理論
    • §11.3 経路積分とゼータ関数
  • 付録A リー群と等質空間
  • 付録B リー代数と微分形式
  • 付録C SU(3)コヒーレント状態
  • 付録D BCS理論速成コース
  • 付録E 文献
  • 索引