サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

パソコンで考える量子化学の基礎

パソコンで考える量子化学の基礎 (化学新シリーズ)

  • 時田 澄男(共著)/ 染川 賢一(共著)/ 右田 俊彦(ほか編)
  • 第1章 水素原子のスペクトル
    • 1.1 バルマーの式はコンピューターで導出できるか
    • 1.2 バルマーはどのようにして式(1.1)を導いたのか
    • 1.3 リュードベリの式
  • 第2章 電子の発見
    • 2.1 物質の離散性と電荷の離散性
    • 2.2 電子の発見
    • 2.3 トムソンのデータの検証
    • 2.4 電子の電荷
  • 第3章 原子構造
    • 3.1 いろいろな原子模型
    • 3.2 希ガスの発見
    • 3.3 ラザフォードの実験のシミュレーション
    • 3.4 ボーアの量子論
    • 3.5 モーズリーによる原子核の電荷の測定
  • 第4章 不確定性原理
    • 4.1 光の波動性のシミュレーション
    • 4.2 光の粒子性
    • 4.3 電子の波動性
    • 4.4 気体電子線回折のシミュレーション
    • 4.5 不確定性原理
  • 第5章 定常波
    • 5.1 Mathematicaによる1次元の定常波のシミュレーション
    • 5.2 定常波と量子化
    • 5.3 波の方程式
    • 5.4 周囲を固定した円形膜に起こる定常波
  • 第6章 シュレーディンガーの波動方程式
    • 6.1 量子力学の誕生
    • 6.2 波動関数の解釈
    • 6.3 波動関数の性質
    • 6.4 電子は雲のようなものではないことを示す実験のシミュレーション
  • 第7章 水素原子
    • 7.1 量子数と周期律
    • 7.2 原子軌道の数式
    • 7.3 原子軌道の形
    • 7.4 原子軌道における波動性
  • 第8章 自由電子模型とその活用
    • 8.1 いろいろな分子軌道法における自由電子模型の位置づけ
    • 8.2 自由電子模型における近似
    • 8.3 分子軌道エネルギーEと分子軌道φ
    • 8.4 鎖状共役ポリエン類の光吸収
    • 8.5 自由電子模型の活用
  • 第9章 ヒュッケル分子軌道法
    • 9.1 ヒュッケル分子軌道法の手続き
    • 9.2 HMO法における永年方程式の書きおろし方
    • 9.3 HMO法計算の実際
  • 第10章 PPP分子軌道法
    • 10.1 近似をすすめた分子軌道法の手続き
    • 10.2 PPP分子軌道法の実際
    • 10.3 新しい二中心電子反発積分(New-γ)によるPPP法の改良
  • 第11章 酸素の磁性
    • 11.1 一重項電子配置と三重項電子配置
    • 11.2 分子軌道法ソフトウェアMOPAC
    • 11.3 酸素分子の分子軌道
    • 11.4 窒素分子の分子軌道
  • 第12章 分子の形はどのようにして決まるか
    • 12.1 化学構造式と分子の形
    • 12.2 原子価電子対反発(VSEPR)法
    • 12.3 MOPACによるメタンの構造の計算
    • 12.4 エチレンの計算
    • 12.5 アセチレンの計算
    • 12.6 窒素分子と酸素分子の計算
  • 第13章 共有結合におけるイオン性
    • 13.1 軌道相互作用の原理
    • 13.2 フッ化水素の分子軌道法計算
    • 13.3 イオン化ポテンシャルと電子親和力
    • 13.4 電気陰性度
    • 13.5 酸や塩基の硬さと軟らかさ
  • 第14章 ペリ環状反応
    • 14.1 フロンティア軌道の大切さ
    • 14.2 環状電子反応
    • 14.3 協奏的付加環化
    • 14.4 ディールス・アルダー反応