サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0823-29)

目次

X線結晶構造解析

X線結晶構造解析 (化学新シリーズ)

  • 大橋 裕二(著)/ 右田 俊彦(ほか編)
  • 第1章 構造を知る
    • 1.1 X線の発見と結晶構造解析への適用
    • 1.2 X線の性質
    • 1.3 回折法の特徴
  • 第2章 X線による散乱
    • 2.1 1個の電子による散乱
    • 2.2 X線の干渉
    • 2.3 原子による散乱
    • 2.4 単位胞からの散乱
    • 2.5 結晶からの散乱
    • 2.6 逆格子の考え方
    • 2.7 逆格子と実格子の関係
    • 2.8 ブラッグの条件
    • 2.9 回折の条件
    • 2.10 フーリエ変換と電子密度
    • 2.11 原子の熱振動
  • 第3章 結晶の対称
    • 3.1 結晶格子と格子点
    • 3.2 対称の要素
    • 3.3 結晶の点群
    • 3.4 7つの晶系
    • 3.5 空間格子
    • 3.6 点空間群
    • 3.7 らせん軸と映進面
    • 3.8 230の空間群
    • 3.9 空間群の実例
    • 3.10 空間群の判定
  • 第4章 構造解析-位相決定の方法
    • 4.1 直接法
    • 4.2 パターソン法
    • 4.3 同形置換法
  • 第5章 強度データの補正と構造モデルの修正
    • 5.1 異方性熱振動
    • 5.2 多重度と占有率
    • 5.3 消衰効果
    • 5.4 二重散乱(レニンガー効果)
    • 5.5 熱散漫散乱
    • 5.6 長周期構造
    • 5.7 積分強度
    • 5.8 異常散乱と絶対構造
  • 第6章 構造の精密化
    • 6.1 最小二乗法
    • 6.2 信頼度因子
    • 6.3 構造因子の重み
    • 6.4 絶対構造の決定
    • 6.5 偽対称と乱れた構造
    • 6.6 最小二乗計算を行う上での注意
  • 第7章 結果の整理
    • 7.1 結晶データ
    • 7.2 結晶構造図と分子構造図
    • 7.3 結合距離,結合角,ねじれ角
    • 7.4 最適平面
    • 7.5 剛体振動モデル
    • 7.6 CIFとデータベース