サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

目次

分子栄養学講義

分子栄養学講義

  • 柘植 治人(著)
  • 第1章 栄養概論
    • 1.1.緒論
    • 1.2.十分な食事の概念
    • 1.3.栄養欠乏の原因
    • 1.4.栄養学の方法論
    • 1.5.現代社会における栄養の問題
  • 第2章 エネルギー要求量と食物成分の酸化によるエネルギー供給
    • 2.1.エネルギーの単位
    • 2.2.エネルギー供給と利用
    • 2.3.基礎代謝
    • 2.4.仕事のためのエネルギー
    • 2.5.食品成分からのエネルギーの獲得
    • 2.6.食事誘発熱産生(DIT)
    • 2.7.一日に必要なエネルギー(エネルギー所要量の算定)
    • 2.8.栄養摂取の現状と好ましい食生活
  • 第3章 食品成分の消化と吸収
    • 3.1.消化・吸収された食品
    • 3.2.摂取された食物の生化学変化と消化器官の役割
    • 3.3.消化に関する酵素過程
    • 3.4.消化管分泌
    • 3.5.消化液分泌の制御:消化管ホルモン
    • 3.6.腸管からの吸収を研究する方法
    • 3.7.吸収機構
    • 3.8.炭水化物の消化と吸収
    • 3.9.タンパク質の消化と吸収-消化されたタンパク質
    • 3.10.脂質の消化と吸収
    • 3.11.食物繊維
    • 3.12.消化管内の細菌叢
    • 3.13.吸収不全症候群
  • 第4章 食事中のタンパク質
    • 4.1.緒論
    • 4.2.タンパク質の代謝回転
    • 4.3.食事からタンパク質を除去したときの影響
    • 4.4.食物中のタンパク質
    • 4.5.タンパク質の必要量
    • 4.6.タンパク質の質:第一級および第二級タンパク質と必須アミノ酸
    • 4.7.“生物価”および“ケミカルスコア”の概念
    • 4.8.模造肉食品類
    • 4.9.タンパク質の多量摂取の結果
    • 4.10.窒素平衡
  • 第5章 食事中の脂質
    • 5.1.何故脂質を食べるのか?
    • 5.2.必須脂肪酸
    • 5.3.必須脂肪酸欠乏に対するヒトの対応
    • 5.4.鎖長伸長と必須脂肪酸の作用
    • 5.5.食事と心臓病
    • 5.6.血漿コレステロール濃度低下のための多価不飽和脂肪酸の作用様式
    • 5.7.心臓疾患の予防に果たす食事パターンの変化
  • 第6章 食事中のビタミン
    • 6.1.緒論
    • 6.2.ビタミンの分類
    • 6.3.腸内細菌によるビタミンの生合成
    • 6.4.ビタミンの貯蔵
    • 6.5.水溶性ビタミン:B群ビタミン
    • 6.6.水溶性ビタミン:ビタミンC
    • 6.7.脂溶性ビタミン
  • 第7章 食事中の無機成分
    • 7.1.緒論
    • 7.2.ヒトの体に見出される金属
    • 7.3.金属要求性に影響する因子
    • 7.4.金属の1日必要量
    • 7.5.食事中の陰イオン
    • 7.6.生体における無機成分の共通の役割
    • 7.7.カルシウムの吸収と代謝
    • 7.8.鉄の吸収と代謝
  • 第8章 ホルモン:化学構造と機能
    • 8.1.緒論
    • 8.2.第2のメッセンジャー;cAMPの役割
    • 8.3.視床下部と下垂体との構造的関係
    • 8.4.視床下部-下垂体前葉-標的器官との関係
    • 8.5.視床下部のホルモン(視床下部神経ホルモン)
    • 8.6.下垂体前葉(腺下垂体)のホルモン
    • 8.7.下垂体後葉(神経性下垂体)のホルモン
    • 8.8.膵臓のホルモン
    • 8.9.甲状腺のホルモン
    • 8.10.副腎-副腎髄質
    • 8.11.副腎皮質
    • 8.12.脂肪組織
    • 8.13.ホルモンによる代謝の調節
  • 第9章 血漿グルコース濃度とその調節
    • 9.1.緒論
    • 9.2.絶食時のグルコース濃度の維持
    • 9.3.摂食とインスリンの放出
    • 9.4.インスリン増加に対応した細胞応答と血漿グルコース濃度
    • 9.5.グルカゴンの役割
    • 9.6.ストレス条件下の血中グルコース濃度
  • 第10章 血漿脂質とその調節
    • 10.1.血漿脂質の分類
    • 10.2.摂食直後(Fed State)の脂質の輸送
    • 10.3.絶食状態(Fasting State)における脂質輸送
    • 10.4.脂肪肝
    • 10.5.リポタンパク質の相互作用と相互変換
    • 10.6.高リポタンパク質血症
    • 10.7.血漿脂質レベルを上昇させる因子
    • 10.8.リポタンパク質の異常で促進される病気
  • 第11章 血漿アミノ酸と組織によるアミノ酸の利用
    • 11.1.ヒトはいかにしてアミノ酸を利用するか
    • 11.2.血漿アミノ酸濃度に与えるタンパク質食の影響
    • 11.3.筋肉における分岐鎖アミノ酸の利用とアラニンの生成
    • 11.4.アミノ酸の分解経路と分解酵素の誘導
    • 11.5.アミノ酸インバランス
    • 11.6.血漿アミノ酸のホルモンによる調節
  • 第12章 絶食時のエネルギー供給
    • 12.1.貯蔵エネルギー量
    • 12.2.絶食の分類
    • 12.3.食事間絶食期のエネルギー供給
    • 12.4.一夜絶食期のエネルギー供給
    • 12.5.長期絶食期のエネルギー供給
    • 12.6.神経性無食欲症について
  • 第13章 遺伝子の発現と栄養素による調節
    • 13.1.情報素子としての遺伝子と遺伝子の発現過程
    • 13.2.転写と転写調節因子
    • 13.3.タンパク質の合成と翻訳後修飾
    • 13.4.栄養素の摂取と代謝の変動
    • 13.5.遺伝子と慢性疾患