サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

目次

万葉集の題材と表現

万葉集の題材と表現

  • 渡辺 護(著)
  • 序章 万葉集の一回的題材
  • 第一章 初期万葉和歌の手法
    • 第一節 雪歌の一系譜
    • 第二節 自傷歌群の構成
    • 第三節 あしびの文芸
    • 第四節 「明日よりは」とうたう意味
    • 第五節 万葉集の秋山
  • 第二章 柿本人麻呂の手法
    • 第一節 柿本人麻呂の生涯
    • 第二節 石見相聞歌二首Ⅰ
    • 第三節 石見相聞歌二首Ⅱ
    • 第四節 泣血哀慟歌二首Ⅰ
    • 第五節 泣血哀慟歌二首Ⅱ
  • 第三章 題材と表現その享受の手法
    • 第一節 異郷の女性像
    • 第二節 湯原王と娘子の歌
    • 第三節 「君がため」とうたう意味
    • 第四節 呼子鳥の歌九首
    • 第五節 譬喩の要因
  • 第四章 宴の手法と孤の手法
    • 第一節 「花に問ふ」とうたう意味
    • 第二節 山守考
    • 第三節 梅の花雪にしをれて
    • 第四節 君がやどにし千年寿くとそ
    • 第五節 防人の情に為りて
  • 終章 万葉集虚構の論