サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

目次

  • 明治二十八年一月
    • 『太陽』第一号(時文月旦) ほしづくよ『早稲田文学』
    • 露伴が『あがりがま』を読む(時文月旦) 宙外生『早稲田文学』
    • 『帝国文学』第一号(時文月旦) みすヾのや『早稲田文学』
    • 太陽、少年世界・帝国文学・早稲田文学・新年文壇(時文) (無署名)『文学界』
  • 明治二十八年二月
    • 文界の冬・『国民之友』春期附録・『鶴が無事』予言・『太陽』第一号・『帝国文学』第壱号(時文) 青年文記者『青年文』
    • 弦斎著『櫻迺御所』(時文月旦) 宙外生『早稲田文学』
    • 紅葉風葉『片ゑくぼ』に就きて(時文月旦) 宙外生『早稲田文学』
    • 『国民之友』春期附録(時文月旦) 筑水『早稲田文学』
    • 『たそや行燈』を読む(時文月旦) 抱月子『早稲田文学』
  • 明治二十八年三月
    • 不言不語を読む(批評) 公平庵『国民之友』
    • 一葉女史・文藝倶楽部・眉山の『大杯』・『たそや行燈』・中幕廃止・『早稲田文学』の二戯曲(時分) 青年文記者『青年文』
    • 『文学界』(時文月旦) 筑水『早稲田文学』
    • 不言不語を読む(時文) 雪丸『文学界』
    • 新刊雑誌 (無署名)『文学界』
  • 明治二十八年四月
    • 文藝倶楽部第二編(雑報) 睨呵生『帝国文学』
    • 『文藝倶楽部』第二編略評(時文月旦) 鄭洲『早稲田文学』
    • 文藝倶楽部第三編(時文月旦) 宙外生『早稲田文学』
    • 『太陽』既載の六小説(批評) 抱一庵主人『国民之友』
    • 蝸牛庵の消息(時文) 雪丸『文学界』
    • 夢幻劇の流行・半月城・新刊雑誌 (無署名)『文学界』
  • 明治二十八年五月
    • 浪六の『海賊』・麗水の紀行文・『桐一葉』・『半月城』『文藝倶楽部』第四編・『阿千夜』・『夜行巡査』(時文) 青年文記者『青年文』
    • 文藝倶楽部第四編(時文月旦) 宙外生『早稲田文学』
    • 新刊帝国文学・文藝倶楽部第四編 太陽第五号・珍談倶楽部第二編 (無署名)『文学界』
  • 明治二十八年六月
    • 眉山の文 抱一庵主人『国民之友』
    • 『太陽』最近の四小説(批評) 抱一庵主人『国民之友』
    • 美妙斎の新作「阿千代」・柳浪氏の『黒蜥蜴』(批評) 八面楼『国民之友』
    • 『黒蜥蜴』と『奔馬』・『ゆく雲』・露伴子・『笛吹川』『文藝倶楽部』第五編・『文藝倶楽部』第四編(時文) 青年文記者『青年文』
    • 文藝倶楽部第四編・文藝倶楽部第五編(雑報) あ、ひ、/二十二木生『帝国文学』
    • 文藝倶楽部第五編(時文月旦) 宙外生『早稲田文学』
    • 新刊不言不語・太陽第六号・文藝倶楽部第五編 早稲田文学第八十九号 帝国文学第六 (無署名)『文学界』
  • 明治二十八年七月
    • 紅葉の『不言不語』・泉鏡花・『太陽』第六号・『太陽』第六号の小説・『外科室』・悪癖・『経つくゑ』・『文藝倶楽部』第六編・『ありのすさび』・『新聞売』(時文) 青年文記者『青年文』
    • 「太陽」の小説を評す(雑報) 佐々醒雪『帝国文学』
    • 泉鏡花作『外科室』(批評) 八面楼『国民之友』
    • 三宅青軒『奔馬』 八面楼『国民之友』
    • 『文藝倶楽部』第六編(時文月旦) ほしつくよ『早稲田文学』
    • 一新思潮(時文) (無署名)『文学界』
    • 新刊太陽第七号・文藝倶楽部第六編・帝国文学第七・青年文第一巻第六号・早稲田文学・文藝倶楽部第七編 (無署名)『文学界』
  • 明治二十八年八月
    • 『子煩悩』・『文藝倶楽部』第七編・『壮士役者』(時文) 青年文記者『青年文』
    • 小説界の新傾向(雑報) (無署名)『帝国文学』
    • 『小説百家選』第十五編(時文月旦) ほしづくよ『早稲田文学』
    • 『国民之友』夏期附録・眉山人作『うらおもて』・漣山人作『すみれ日記』(時文月旦) 筑水『早稲田文学』
    • 国民之友夏期附録・水ぐるま・四の緒・後の三日月 文藝倶楽部第七編・文藝倶楽部第八編・太陽第八号(時文) (無署名)『文学界』
  • 明治二十八年九月
    • 国民之友夏期附録を読む・水車・四の緒(雑報) 大町桂月『帝国文学』
    • 『文藝倶楽部』第七編(時文月旦) 星月夜『早稲田文学』
    • 小説界の新潮流(殊に泉鏡花子を評す)(批評) 魯庵生『国民之友』
    • 小説界の新風潮(殊に泉鏡花子を評す)(続き)(批評) 魯庵生『国民之友』
  • 明治二十八年十月
    • 江見水蔭・三宅青軒・今日の批評・千篇一律の語・『なにがし』・新聞界の文学趣味・『朝顔』・小説界の潮向・『黒船』・『にごりえ』・水蔭の『水雷艇』・一小奇観(時文) 青年文記者『青年文』
    • 『文藝倶楽部』第九編(時文月旦) 鄭洲『早稲田文学』
    • 桐一葉の評(月曜附録) 依田学海『読売新聞』
    • 一葉女史の『にごり江』(批評) 魯庵生『国民之友』
    • 新刊文藝倶楽部第九篇・国民之友・太陽第拾号・早稲田文学第九十七号・文藝倶楽部第拾編 (無署名)『文学界』
    • 帝国文学第五十号 (無署名)『文学界』
  • 明治二十八年十一月
    • 江見水蔭の『女房殺し』(批評) 内田魯庵『国民之友』
    • 桐一葉を読みて(月曜附録) 上田敏『読売新聞』
  • 明治二十八年十二月
    • 『狂言娘』・『文車』・『鰻旦那』と『にごりえ』(時文) 青年文記者『青年文』
    • 近作小説一束 美妙の『鰻旦那』・一葉の『にごり江』・紅葉の・青葡萄・『我が罪』と『椰子花』・以心庵の『不鳴鵆』(雑報) (無署名)『帝国文学』
    • 『文藝倶楽部』第拾壱編(時文月旦) 宙外生『早稲田文学』
    • 依田学海氏の小説(近作『阿新』を読みて懐を述ぶ)(批評) 抱一庵主人『国民之友』
  • 明治二十九年一月
    • 閨秀小説を読みて(批評) 八面楼主人『国民之友』
    • 国民之友新年附録を評す(月曜附録) 魯庵生『読売新聞』
    • 閨秀小説を読みて 十二角生『文学界』
    • 新年の雑誌 (無署名)『文学界』
    • 鷸【カク】搔 帰休庵『めさまし草』
  • 明治二十九年二月
    • ▲▲▲▲の『溝萩』(批評) 八面楼主人『国民之友』
    • 一葉・『春色二もと柳』・『文藝倶楽部』第二巻第一編・『めさまし草』・緑雨の『雨蛙』・幸堂得知『滑稽談』・『炭焼の煙』・『のろひの木』・『琵琶伝』・『ひたごゝろ』・『わかれ道』・『炭焼の煙』・『わかれ道』(時文) 青年文記者『青年文』
    • めざまし草出づ・国民の友の新年附録(雑報) (無署名)『帝国文学』
    • 雑著 大つこもり(批評) 八面楼主人『国民之友』
    • 鷸【カク】搔 帰休庵『めさまし草』
  • 明治二十九年三月
    • 『文藝倶楽部』第壱編(雑俎) 宙外生『早稲田文学』
    • 雑誌と文学(其二)(雑俎) 鄭洲生『早稲田文学』
    • 第二巻第三篇文藝倶楽部(批評) 八面楼主人『国民之友』
    • 青年小説を読む(雑報) 桂月『帝国文学』
    • 新刊批評 早稲田文学自第一号至第五号 (無署名)『六合雑誌』
    • 『文藝倶楽部』第三編(雑俎) 宙外生『早稲田文学』
    • 『青年小説』(雑俎) 筑水『早稲田文学』
  • 明治二十九年四月
    • 『文藝倶楽部第二巻第四編』(雑俎) 抱月子『早稲田文学』
    • 新進作家為す有るなき乎(時文) 青年文記者『青年文』
    • 『多情多恨』・山田美妙・『しのぶの露』・『文藝倶楽部』第四篇(時文) 青年文記者『青年文』
    • しのぶの露 大町桂月『帝国文学』
    • 文藝倶楽部第四編(雑報) 秋剣『帝国文学』
    • 第二巻第五編 文藝倶楽部(批評) 八面楼主人『国民之友』
    • 三人冗話 脱天子・登仙坊・鍾礼舎『めさまし草』
    • 明治文壇の自然・小説の題・花圃女史・批評家・露伴子の小説・泥水清水・たけくらべ(時文) (無署名)『文学界』
  • 明治二十九年五月
    • 『文藝倶楽部』第五編(雑俎) 宙外生『早稲田文学』
    • 『泥水清水』・『たけくらべ』・『秘妾伝』・『文藝倶楽部』第五編・『太陽』七八号の小説・根ころ庵(時文) 青年文記者『青年文』
    • 小説と道義及ひ哲理・早熟の病・小世界観・文学者と生活・われから・一の巻・絶壁・男やもめ・窮山深谷・文藝倶楽部第六編・雑誌一束(時文) 無署名『文学界』
  • 明治二十九年六月
    • 文学界 梗概評(彙報) (無署名)『早稲田文学』
    • 第二巻第六篇文藝倶楽部(批評) 八面楼主人『国民之友』
    • 『文藝倶楽部』第六編・『われから』・薄氷女史・水蔭と短篇(時文) 青年文記者『青年文』
    • 新刊小説田山花袋の『窮山深谷』・大橋乙羽庵の『犬櫻』・太田玉茗の『すがたゑ』・松華庵の『陽炎』・天外の『村の名物』・不倒生の『あやういところ』・忍月の『束髪娘』・稲舟女史の『小町湯』・薮鶯女史の『離縁状』・小倉山人の『羽抜鳥』・薫香女史の『明月』(批評) 八面楼主人『国民之友』
    • 赤門文学・多情多恨・ひとり寝・まきの小枝(時文) (無署名)『文学界』
  • 明治二十九年七月
    • 鏡花の進境・『鬼あざみ』・翻訳流行の傾向(時文) 青年文記者『青年文』
  • 明治二十九年八月
    • 片雲 啣月『日本人』
    • 『文藝倶楽部』第八編(時文) 青年文記者『青年文』
    • 現時の小説家・柳浪子の近作(時文) 青年文記者『青年文』
    • 文界雑景夏の文学・新聞小説・新作と批評・新小説・文藝倶楽部臨時増刊・片瀬新報(観察) 風雨楼主人『世界之日本』
    • 今戸心中・文藝倶楽部第八編(雑報) (無署名)『帝国文学』
    • 柳浪子の『今戸心中』(批評) 八面楼主人『国民之友』
    • 『新小説』第一号を読む(雑俎) 星月夜『早稲田文学』
    • 新小説 第一号・小弓御所(時文) (無署名)『女学雑誌』
    • 新刊批評 わすれ水を読む(批評) 流水生『世界之日本』
    • 紅塵萬丈(雑録) 白雲『日本』
    • 新小説第一・さびがたな・井字橋・大洪水・三の巻・文藝倶楽部第二巻第十編・国民之友夏期附録・新小説第二(時文) (無署名)『文学界』
  • 明治二十九年九月
    • 『国民之友』夏期大附録(雑俎) 宙外生『早稲田文学』
    • 『新小説』第二号を読む・『文藝倶楽部』第二巻十編(雑俎) 根ごろ庵・星月夜『早稲田文学』
    • 『文藝倶楽部』の好敵手・小説一束(時文) 青年文記者『青年文』
    • 今の文士・逍遙氏の翻訳・硯友社・井字橋・三の巻 鏡花の一癖・野ぎく・巌本善治氏・無定見・片瀬村(小観) 佐藤橘香『新声』
    • 近刊批評 錆刀と薄唇・文藝倶楽部第二巻第十編(観察) 風雨楼『世界之日本』
    • 近刊批評 かるかや物語(観察) 潮外『世界之日本』
    • 批評 近刊小説一束(雑報) 西維拙『帝国文学』
    • 本誌第一号の錆刀並にうすくちびる 藤原南風『新小説』
    • 同 国民之友夏期付録 幸田露伴 鎌田天木『新小説』
    • 夏鶯・しヾみうり・文藝倶楽部(八月分)・さびがたな、薄唇・苅萱物語(評苑) 幸田露伴『新小説』
    • かるかや物語・秋の夕ぐれ (無署名)『女学雑誌』
    • 梧窓半日録(三人閑語)(観察) 風雨楼、獅子堂、古茅庵、『世界之日本』
    • 新刊批評 文芸倶楽部第一巻第十一号(観察) みかぶの山人『世界之日本』
    • 紅塵萬丈(雑録) 白雲『日本』
    • 文藝倶楽部第十一篇・不知庵主人の椿姫・籠まくら・文学その折々・新小説(時文) (無署名)『文学界』
  • 明治二十九年十月
    • 柳浪著『河内屋』(雑俎) 抱月子『早稲田文学』
    • 新刊小説(批評) 八面楼主人『国民之友』
    • 九月の小説界(時文) 青年文記者『青年文』
    • 河内屋 (無署名)『女学雑誌』
    • 『河内屋』を評す(新刊批評) 流水生『世界之日本』
    • 籠まくら・太陽小説第二編(新刊批評) 吹谷生『世界之日本』
    • 『文藝倶楽部』第拾一編(雑俎) 根ごろ庵『早稲田文学』
    • 闇のうつゝ 菱花生『日本人』
    • 紅塵萬丈(雑録) 淡路山人・駿台隠士合評『日本』
    • 『船大工』と『一片雲』(批評) 八面楼主人『国民之友』
    • 文界瞥見(観察) 眇眼生『世界之日本』
    • 新刊批評 浮木丸・文藝倶楽部第二巻第十二編(観察) 潮/風『世界之日本』
    • 新刊批評 『文学その折々』を読む(観察) 錦街生『世界之日本』
    • 創作界のこのごろ・露伴子が雲の袖・柳浪子が河内屋・巣林子の研究・雲中語・雑誌の時文・創作界の気運・新小説第四号(時文) (無署名)『文学界』
  • 明治二十九年十一月
    • 青葡萄・浮木丸(評苑) 幸田巨浪・幸田露伴『新小説』
    • 現代文学 小説さゝ舟(時文) 高瀬文淵『文藝倶楽部』
    • 露伴の時文評・『太陽』の文学欄と『早稲田文学』の彙報・嵯峨の屋の『輪廻』・小説の新文体・近刊雑誌(時文) 青年文記者『青年文』
    • 闇のうつゝ・青葡萄 (無署名)『女学雑誌』
    • 紅葉に告く・新進作家・川崎紫山・『輪廻』・『里見元勝』・文藝倶楽部・鉄幹・叙記文・落葉一掃(小観) 橘香生『新声』
    • 宙外が『闇のうつゝ』を読む(新刊批評) 流水生『世界之日本』
    • 新小説第四号(雑報) 秋剣『帝国文学』
    • 手とりなべ(評苑) 露伴『新小説』
    • 『文藝倶楽部』第十二編(雑俎) M.S.『早稲田文学』
    • 塵影 眠叟『読売新聞』
    • 新小説第四巻闇のうつヽ・小説六佳選 (無署名)『江湖文学』
    • 鈴舟・露の蝶・かまわぬ坊 (無署名)『女学雑誌』
    • 『鈴舟』と『露の蝶』(新刊批評) 無心堂『世界之日本』
    • 小説六佳選・鎌わぬ坊(新刊批評) 六蚊仙『世界之日本』
    • 塵影 (無署名)『読売新聞』
    • 小説六佳撰(批評) 八面楼主人『国民之友』
    • 新時代・批評の新時代・文人の境遇・闇のうつゝ・六佳選と初陣揃・かた恋・青葡萄・太陽小説第二編(時文) (無署名)『文学界』
    • 塵影 (無署名)『読売新聞』
  • 明治二十九年十二月
    • 読『小説六佳選』(雑俎) 星月夜『早稲田文学』
    • 塵影 門外生『読売新聞』
    • 小説六佳選・新小説初陣揃・照日松・鷲の羽風 (無署名)『女学雑誌』
    • 塵影 門外生『読売新聞』
    • 文の庫・鷲鳥の羽風・武者魂・青軒奴之助(評苑) (無署名)『新小説』
    • 『初陣揃』を読む・『文藝倶楽部』第十四編(雑俎) 宙外生/根ごろ庵『早稲田文学』
    • 塵影(月曜附録) 門外生『読売新聞』
    • 文藝倶楽部第二巻第十五篇(時文) (無署名)『文学界』