サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

  • 明治三十八年一月
    • 詩歌の骨髄・藝術と面貌・雑評録(文藝時評) 大町桂月『太陽』
    • 浦島に現はれたる人生観(文藝時評) 長谷川天渓『太陽』
    • 新曲浦島に就ての所感(文藝時観) 上田敏『中央公論』
    • 去歳の文壇(文藝時観) 孤村生『中央公論』
    • 元旦偶語(雑録) 斎藤弔花『文藝界』
    • 出版界 蠧魚子『文庫』
    • 初刊雑誌の小説(時論) 碌々山『新潮』
    • 新曲浦島を読む(時論) 白面子・黒面子『新潮』
    • 六号活字 いの字『文庫』
    • 唯我春秋(日曜附録) 剣南『読売新聞』
    • 文界妄語 こうとう生『日本人』
  • 明治三十八年二月
    • 緩調急調 山颪『新声』
    • 現代の煩悶と文学・読者の鑑識・批評家の二種・雑評録(文藝時評) 大町桂月『太陽』
    • 新刊一瞥(文藝時評) (無署名)『太陽』
    • 所謂健全不健全(文藝時観) 美中天『中央公論』
    • 新春の文壇(文藝時観) 孤村主人『中央公論』
    • 昨年の文藝界・新刊雑誌の評論(文界所感) 平出修『明星』
    • 近時文壇の好作 木下尚江氏の小説と木村鷹太郎氏の翻訳と幸田露伴氏の新体詩(雑纂) 嘲風『時代思潮』
    • 文学界美術界漫言 新小説十週年記念号の鏡花作若紫 角、壺『ホトトギス』
    • 唯我春秋(日曜附録) 剣南『読売新聞』
    • 時代小説に就て・梅花・現今の文章界(文界時評) 西村天骨『秀才文壇』
    • 出版界 それがし『文庫』
    • 唯我春秋 花袋子の「従軍日記」(日曜附録) 剣南『読売新聞』
  • 明治三十八年三月
    • 百済の位置・小品文の流行・現今の文章界(文界時評) 西村天骨『秀才文壇』
    • 心中お小夜新七を評す・論争に就きて・雑評録(文藝時評) 大町桂月『太陽』
    • 無題録(文藝時評) 長谷川天渓『太陽』
    • 二月の文壇(文藝時観) 孤村主人『中央公論』
    • 『新浦島』と『心のあと』(雑録) 弔花生『文藝界』
    • 二月の評論(文界雑感) 平出修『明星』
    • 文学界美術界漫言 新小説の深川女房 魚居、半壺『ホトトギス』
    • 六号活字 ちぬを『文庫』
    • 甘言苦語 不動尊『新潮』
  • 明治三十八年四月
    • 緩調急調 山颪『新声』
    • 文学の試験的方面(文藝時評) 長谷川天渓『太陽』
    • 鏡花君に与ふ(風流線を論じて当世の批評家に及ぶ)(文藝時観) 高山絳雲『中央公論』
    • 三月文壇(文藝時観) 孤村主人『中央公論』
    • 六号活字 踏青・金星『文庫』
    • 唯我春秋 黒坊踊と梅坊主(日曜附録) 剣南『読売新聞』
    • 近時文壇の好作 その二、木村鷹太郎氏の「海賊」(雑纂) 嘲風『時代思潮』
    • 文藝倶楽部(一一ノ四)(批評) あうむ公『帝国文学』
    • 新小説(第拾年、第三号)(批評) 眞多樓『帝国文学』
    • 六号活字 桃太郎・渋面『文庫』
    • 乙巳文学(近刊雑評)(日曜附録) 孤島『読売新聞』
    • 甘言苦語(評論) 非指生・桃太郎『新潮』
  • 明治三十八年五月
    • 緩調急調 山颪『新声』
    • ホトゝギス派の文章と名文家(文藝時観) ちよいん生『中央公論』
    • 四月文壇(文藝時観) 孤村庵主人『中央公論』
    • 乙巳文学(「新曲浦島」と其の諸評(一))(日曜附録) 孤島『読売新聞』
    • 新小説第十年第四巻(批評) 眞多樓『帝国文学』
    • 甘言苦語(評論) 金太郎『新潮』
    • 六号活字 石地像・葉隈生『文庫』
  • 明治三十八年六月
    • 五月文壇(文藝時観) 孤村主人『中央公論』
    • 『かこひもの』と『琵琶歌』と(文藝時観) 紫紅『明星』
    • 現代の幻想小説(評論) 一記者『新潮』
    • 甘言苦語(評論) 九二軒・仁王久太夫・桃太郎『新潮』
  • 明治三十八年七月
    • 緩調急調 水の人『新声』
    • 六月文壇(文藝時観) 孤村主人『中央公論』
    • 甘言苦語 菎崙山『新潮』
    • 六号活字 至文『文庫』
    • 今月の小説(藝苑時評) 剣菱『読売新聞』
  • 明治三十八年八月
    • 『不二山』を読む(出版界) 春潮『新公論』
    • 良人の自白(出版界) 竹里閑客『新公論』
    • 文壇の地方分権(時文) 宙外『新小説』
    • 具体的批評としての小説・恋愛文学と教育・新聞紙の徳義・短編小説と省略法・近時の小説・無題録(文藝時評) 長谷川天渓『太陽』
    • 七月文壇(文藝時観) 孤村主人『中央公論』
    • 「独歩集」を読む(藝苑時評) 剣菱『読売新聞』
    • 甘言苦語 非馬生『新潮』
    • 六号活字(文藝論評) 言文混淆生『文庫』
    • 独歩集を読む 竹の屋主人『東京朝日新聞』
    • 風流線と二筋道(藝苑時評) 剣菱『読売新聞』
  • 明治三十八年九月
    • 新講談に就て・朧化の勢力(時文) 宙外『新小説』
    • 人生は趣味也・徳育の解・神を見たる文士・支那の文士に学べ・田岡嶺雲を送る(文藝時評) 桂濱月下漁郎『太陽』
    • 涓滴録(文藝時評) 長谷川天渓『太陽』
    • 文壇の諸問題(雑纂) 幸田露伴『時代思潮』
    • 月次文壇(毎月史) (無署名)『時代思潮』
    • 新刊雑誌瞥見(藝苑時評) 剣菱『読売新聞』
    • 随感随筆(日曜附録) 剣菱『読売新聞』
    • 新刊雑書 少華族 (無署名)『東京日日新聞』
  • 明治三十八年十月
    • 緩調急調 やかましや『新声』
    • 感情と人生・日本国民の感情・神経質の文学・文学と洒落の趣味・くさぐさ(文藝時評) 桂濱月下漁郎『太陽』
    • 称号を与へよ(文藝時観) 美中天『中央公論』
    • 文壇消息(文藝時観) (無署名)『中央公論』
    • 吾人の努力・修養と文藝(文藝雑感) 平出修『明星』
    • 片々録(文藝) 中島孤島『早稲田学報』
    • 月次文壇(毎月史) (無署名)『時代思潮』
    • 文壇一瞥 彦左『東京日日新聞』
    • 予が小評論 夏目漱石氏の『吾輩は猫である』 小剣『読売新聞』
    • 甘言苦語(論壇) 桃太郎『新潮』
    • 緩調急調 獅子児・狗仏・喝破楼・半文銭・頭顚倒・やかましや・酒運児・千里眼『新声』
  • 明治三十八年十一月
    • 緩調急調 九文字・たんか・頭顚倒・半文銭・獅子児・やかましや・狗仏・秦嶺・喝破楼『新声』
    • 病者の声・大学独立を非とす・綱島梁川の文集・小栗風葉に問ふ(文藝時評) 桂濱月下漁郎『太陽』
    • 月次文壇(毎月史) (無署名)『時代思潮』
    • 如是文藝 『病間録』に文藝を見る 抱月生『東京日日新聞』
    • 甘言苦語(論壇) けつろん・桃太郎『新潮』
    • 六号活字 未晴・天狗『文庫』
    • 新刊紹介 病間録 (無署名)『六合雑誌』
    • 新刊紹介 新小説 第十年第十巻 (無署名)『六合雑誌』
    • 文壇一瞥 彦左衛門『東京日日新聞』
  • 明治三十八年十二月
    • 雑言録(文藝時評) 大町桂月『太陽』
    • 二百号の四小説を評す(文藝時観) 無名氏『中央公論』
    • 小説数種(出版月評) 晶子『明星』
    • 十一月の新聞雑誌(出版月評) 平出生・蕭々・萬里生・辰巳生『明星』
    • 文藝漫評 海賊の子 狭衣生『東京朝日新聞』
    • 出版界 青春(春の巻) 剣菱『読売新聞』
    • 月次文壇(毎月史) (無署名)『時代思潮』
    • 逍遙博士老矣(論壇) 反芻生『新潮』
    • 伐柯小観(論壇) 橄欖山人『新潮』
    • 甘言苦語(論壇) 桃太郎『新潮』
    • 六号活字 長拳骨・手の子・ケンペイ・心配生『文庫』