サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

  • 第1章 緒論
    • 1.1 問題の所在
    • 1.2 モダリティ研究の枠組み
    • 1.3 モダリティ論における主観性
    • 1.4 研究の動機付けとなるモダリティ習得の先行研究
    • 1.5 本研究の位置付け-目的と意義-
    • 1.6 本研究の方法論的特徴
    • 1.7 本研究の概要と構成
  • 第2章 モダリティ論、及び関与する学史
    • 2.1 英語モダリティ論の学史的展開
    • 2.2 伝統的日本語モダリティ論の学史的展開
    • 2.3 伝統的日本語モダリティ論の学史的意義と問題点
    • 2.4 認知言語学におけるモダリティ論
  • 第3章 モダリティは多義か単義か
    • 3.1 英語の法助動詞研究における4つのアプローチ
    • 3.2 英語モダリティの多義性
    • 3.3 日本語モダリティの非多義性
  • 第4章 日英語モダリティの文法化とSubjectification
    • 4.1 英語モダリティの文法化
    • 4.2 Subjectificationとは
    • 4.3 日英語のepistemic modalityの文法化現象とsubjectification
    • 4.4 日英語モダリティの文法化の位置付け
  • 第5章 主体化と「自己」・「場」の捉え方
    • 5.1 Langackerの「主体化」
    • 5.2 「主体の没入」としての「主体化」
    • 5.3 「可動/不動の自己」と「主体の分裂不可分/可分」
    • 5.4 「場所化される自己」と日本語モダリティ
    • 5.5 自己の客体化と「場」の捉え方
  • 第6章 現代語のモダリティ試論
    • 6.1 現代英語学におけるepistemic modality論
    • 6.2 現代日本語学におけるepistemic modality論
    • 6.3 英語法助動詞に等置される日本語モダリティの意味論に関する先行研究
    • 6.4 日本語学におけるモダリティの下位区分
    • 6.5 日本語のepistemic modalityの意味分析
    • 6.6 日本語のepistemic modalityとdeontic的modalityの関係
    • 6.7 日本語のepistemic modalityとspeech act的modalityの機能的連続性
    • 6.8 本章のまとめ
  • 第7章 結論
    • 7.1 本研究結果の総括
    • 7.2 総合的考察
    • 7.3 言語教育への新たな示唆と提言-新言語教育方法の枠組み提示-
    • 7.4 今後の展望-将来ある言語学の構築のために-

英文法 ランキング

英文法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む