サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

建築構造の力学 1 静定力学編

建築構造の力学 1 静定力学編 (建築学入門シリーズ)

  • 寺本 隆幸(著)/ 谷口 汎邦(監修)/ 平野 道勝(監修)
  • 第1章 建築構造と力学
    • 1.1 構造設計
    • 1.2 構造部材の設計と構造力学
    • 1.3 力学の体系
  • 第2章 力の釣合い
    • 2.1 力の定義と作用
    • 2.2 力の合成と分解
    • 2.3 偶力とモーメント
    • 2.4 一般力の数式合成
    • 2.5 力の釣合い
  • 第3章 構造物のモデル化と荷重
    • 3.1 構造物のモデル化
    • 3.2 構造物の性質
    • 3.3 構造物の種類
    • 3.4 荷重・外力
    • 3.5 建築基準法に定められた荷重とその組み合わせ
    • 3.6 荷重モデルの種類
  • 第4章 片持梁
    • 4.1 集中荷重を受ける場合
    • 4.2 集中荷重を受ける片持梁
    • 4.3 分布荷重を受ける場合
    • 4.4 分布荷重を受ける梁の荷重と部材応力の関係
    • 4.5 分布荷重を受ける片持梁の応力
    • 4.6 モーメント荷重を受ける片持梁
  • 第5章 単純梁
    • 5.1 集中荷重を受ける単純梁
    • 5.2 分布荷重を受ける単純梁
    • 5.3 その他荷重を受ける単純梁
  • 第6章 特殊な静定構造物
    • 6.1 跳ね出し梁
    • 6.2 ヒンジ付き梁
    • 6.3 親子梁
    • 6.4 特殊な静定梁構造
    • 6.5 門形ラーメン構造
    • 6.6 3ヒンジ構造
  • 第7章 静定トラス構造
    • 7.1 トラス構造の特徴
    • 7.2 節点法
    • 7.3 切断法
    • 7.4 図式解法(クレモナ法)
    • 7.5 トラス部材応力の特徴
  • 第8章 応力度と歪度
    • 8.1 応力度の種類
    • 8.2 応力度の関係
    • 8.3 主応力度とモールの応力円
    • 8.4 歪度の種類
    • 8.5 弾性係数
  • 第9章 部材断面の性質
    • 9.1 構造部材の断面
    • 9.2 断面積
    • 9.3 断面一次モーメントと図心
    • 9.4 断面二次モーメント
    • 9.5 断面係数
    • 9.6 断面極二次モーメント
    • 9.7 断面相乗モーメント
    • 9.8 断面の主軸
    • 9.9 断面二次半径
  • 第10章 部材断面の応力度と許容応力度設計
    • 10.1 軸方向応力度
    • 10.2 曲げ応力度
    • 10.3 せん断応力度
    • 10.4 二方向曲げモーメント
    • 10.5 軸方向力と曲げモーメント
    • 10.6 断面の核
    • 10.7 座屈
    • 10.8 許容応力度設計
  • 第11章 静定梁の変形
    • 11.1 部材各部の変形
    • 11.2 弾性曲線による方法
    • 11.3 モールの定理
  • 第12章 仕事と歪エネルギー
    • 12.1 仕事
    • 12.2 歪エネルギー
    • 12.3 仮想仕事の原理
    • 12.4 トラス構造物の変形