サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

岩石熱力学 成因解析の基礎

岩石熱力学 成因解析の基礎

  • 川嵜 智佑(著)
  • 第1章 熱力学の基本的概念
    • 1.1 序論
    • 1.2 単位
    • 1.3 系
    • 1.4 相
    • 1.5 成分
    • 1.6 状態と性質
    • 1.7 モル分率
    • 1.8 示量変数と示強変数
    • 1.9 同次関数
    • 1.10 部分モル量
    • 1.11 部分モル体積の性質
    • 1.12 熱力学第0法則と温度
    • 1.13 熱力学第1法則
    • 1.14 エンタルピー
    • 1.15 熱容量
    • 1.16 実在過程と可逆過程
    • 1.17 エントロピー
    • 1.18 熱平衡
    • 1.19 エントロピーと熱
    • 1.20 化学ポテンシャル
    • 1.21 熱力学関数
    • 1.22 Legendre変換
    • 1.23 Gibbs‐Duhemの関係式
    • 1.24 相反定理(Maxwellの関係式)
    • 1.25 Gibbsの相律
    • 1.26 凝縮系の相律
    • 1.27 Goldschmidtの鉱物学的相律
    • 1.28 化学反応と化学平衡
    • 1.29 Hessの法則
    • 1.30 熱力学関数の温度依存性
    • 1.31 熱力学関数の圧力依存性
    • 1.32 熱力学関数の温度圧力依存性
    • 1.33 相平衡図の解析
    • 1.34 熱力学第3法則
  • 第2章 活動度,標準状態,平衡定数
    • 2.1 序論
    • 2.2 絶対活動度
    • 2.3 相対活動度
    • 2.4 標準状態をTK,1barとした場合の活動度
    • 2.5 フィガシティ
    • 2.6 標準状態をTK,Pbarとした場合の活動度
    • 2.7 標準状態を298K,1barとした場合の活動度
    • 2.8 Van’t Hoffの式
    • 2.9 標準状態をTK,1barとした場合のAl2SiO5鉱物の相境界
    • 2.10 標準状態をTK,Pbarとした場合のAl2SiO5鉱物の相境界
    • 2.11 平衡定数
    • 2.12 石英-コーサイト転移
    • 2.13 カンラン石-斜方輝石間のFe2+-Mg2+交換反応の平衡定数
    • 2.14 カンラン石-スピネル間のFe2+-Mg2+交換反応の平衡定数
  • 第3章 理想溶液
    • 3.1 序論
    • 3.2 固溶体の組成
    • 3.3 部分モル量の性質
    • 3.4 Duhem‐Margulesの関係式
    • 3.5 Boltzmannの原理
    • 3.6 理想気体の混合エントロピー
    • 3.7 理想溶液の混合エントロピー
    • 3.8 理想溶液の自由エネルギー
    • 3.9 Vegardの経験則
    • 3.10 理想溶液の化学ポテンシャルと活動度
    • 3.11 理想溶液とRaoultの法則
    • 3.12 Henryの法則
    • 3.13 石英とルチルの間のTi‐Si分配
    • 3.14 Nernstの分配法則
    • 3.15 Nernstの分配法則に従う溶液の相図
    • 3.16 部分溶融
    • 3.17 分別結晶化作用
    • 3.18 帯域溶融
    • 3.19 固相と液相の自由エネルギー曲線と相図
    • 3.20 固相線と液相線の計算
    • 3.21 共融系の相図
    • 3.22 気相平衡
    • 3.23 Mg2(Si,Ge)O4カンラン石-スピネル転移
  • 第4章 非理想溶液
    • 4.1 序論
    • 4.2 剰余関数
    • 4.3 過剰体積
    • 4.4 剰余関数の多項式展開
    • 4.5 対称型固溶体
    • 4.6 正則溶液
    • 4.7 2相分離
    • 4.8 (Ca,Fe)FeSiO4カンラン石
    • 4.9 対称型3成分系正則溶液
    • 4.10 非対称型正則溶液
    • 4.11 (Ca,Mg)MgSiO4カンラン石
    • 4.12 3成分系非対称型正則溶液
    • 4.13 灰長石の分解反応と(Mg,Ca)3Al2Si3O12ザクロ石の熱力学的性質
    • 4.14 酸化還元反応とFeSiO3成分の活動度
    • 4.15 正則溶液間の元素分配
    • 4.16 カンラン石-ザクロ石間のFe2+-Mg2+交換反応
    • 4.17 カンラン石-斜方輝石間のFe2+-Mg2+交換反応
    • 4.18 カンラン石とCaに富む単斜輝石間のFe2+-Mg2+交換反応
    • 4.19 元素分配反応の解析と最小2乗法の応用
  • 第5章 多席固溶体
    • 5.1 序論
    • 5.2 CaMgSi2O6-Mg2Si2O6輝石類の相関係
    • 5.3 相反溶液
    • 5.4 CaMgSi2O6-Ca2Si2O6輝石
    • 5.5 理想多席固溶体
    • 5.6 理想多席固溶体と単一席固溶体間の元素交換平衡
    • 5.7 結晶内交換平衡を行う非理想多席固溶体
    • 5.8 MgO-Al2O3-SiO2斜方輝石
    • 5.9 FeO-MgO-SiO2-Al2O3斜方輝石
    • 5.10 カンラン石-斜方輝石-ザクロ石地質温度計圧力計
    • 5.11 (Ca,Fe,Mg)2SiO4カンラン石
    • 5.12 CaO-FeO-MgO-SiO2単斜輝石
    • 5.13 CaO-FeO-MgO-SiO2系カンラン石と単斜輝石の平衡
    • 5.14 CaO-FeO-MgO-SiO2系カンラン石と単斜輝石の平衡(近似解)
  • あとがき
  • 参考書
  • 付録A 定数と記号
  • 付録B 引用文献
  • 索引