サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • 序論
    • 一 問題の所在
    • 二 研究史の整理
    • 三 方法論の確認
    • 四 本書の構成
  • 第一章 イングランドの伝統的国制論
    • 第一節 ヘンリー・オブ・ブラクトン
    • 第二節 ジョン・フォーテスキュー
    • 第三節 トマス・スミス
    • 第四節 前期ステュアート朝への継承
  • 第二章 ルネサンス人文主義の知的影響
    • 第一節 中世ローマ法学とルネサンス人文主義
    • 第二節 イングランドのローマ法継受とローマ法学者
    • 第三節 カムデン・ソサイエティとルネサンス人文主義
    • 第四節 イングランド法の改革と法の一般的原理
    • 第五節 コモン・ローヤーによるローマ法の受容
    • 第六節 一七世紀の「古来の国制」論の形成へ
  • 第三章 「古来の国制」論とコモン・ロー理論
    • 第一節 慣習としてのコモン・ロー
    • 第二節 理性としてのコモン・ロー
  • 第四章 コモン・ロー支配の立憲君主制
    • 第一節 コモン・ローと議会制定法
    • 第二節 コモン・ローと国王権力-ジェームズの政治思想
    • 第三節 コモン・ローと「主権」の概念
    • 第四節 臣民の自由と議会の特権
    • 第五節 議会選挙と選挙権の自由
  • 第五章 コモン・ローとローマ法とジェームズ一世
    • 第一節 カウエル事件の意義と問題の所在
    • 第二節 ジョン・カウエルと『解釈者』-ローマ法の言説
    • 第三節 一六一〇年議会でのカウエル事件の審議
    • 第四節 ジェームズ一世の政治的態度
    • 第五節 コモン・ローとローマ法の関係
  • むすび
  • あとがき