サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

菅原道真の詩と学問

菅原道真の詩と学問

  • 谷口 孝介(著)
  • 序章
    • 第一節 本書の目的と構成
    • 第二節 史としての詩
  • 第一章 道真文学の生成
    • 第一節 『菅家文草』『菅家後集』の詩体と脚韻
    • 第二節 外交としての贈答詩
    • 第三節 文学史のなかの渤海客使
    • 第四節 詩人の感興
    • 第五節 閑客の言志
    • 第六節 「逍遙遊」の文学史
  • 第二章 菅原道真と宇多天皇
    • 第一節 君臣唱和の理想
    • 第二節 菅原道真と神仙思想
    • 第三節 宇多天皇の風雅
    • 第四節 朱雀院の道真
  • 第三章 道真文学の行くえ
    • 第一節 『菅家後集』の世界
    • 第二節 『菅家後集』の成立
    • 第三節 『菅家後集』の「発見」
    • 第四節 菅原道真の復権と北野天満宮
  • 第四章 菅原道真と『三代実録』
    • 第一節 天安二年文徳天皇喪葬記事の「隠微」
    • 第二節 貞観二年朔旦冬至における「経」と「術」と
    • 第三節 史書における注釈の方法(一)-助字「先是」の機能
    • 第四節 史書における注釈の方法(二)-助字「所謂」の語性