サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

水圏生態系の物質循環

水圏生態系の物質循環

  • T.アンダーセン(著)/ 山本 民次(訳)
  • 1.温帯域の湖における富栄養化問題:現実面と論理的細脈
    • 1.1 富栄養化:その状況と改善
    • 1.2 植食性プランクトンの直接的間接的影響
    • 1.3 捕食者制御生態系の安定性と持続性
    • 1.4 目標と戦略
  • 2.生物地球化学劇場-湖におけるリンの循環と利用
    • 2.1 リンのマス・バランスモデル
    • 2.2 湖におけるリンの保持
    • 2.3 生物学的リン保持過程
    • 2.4 プランクトン群集におけるリンの分配割
    • 2.5 表層リン循環の動態
    • 2.6 まとめと結論
    • 2.7 シンボル,定義,単位
  • 3.藻類と栄養塩:植物プランクトンによる制限栄養塩の取り込みと利用
    • 3.1 増殖と栄養塩の利用
    • 3.2 栄養塩の取り込み
    • 3.3 栄養塩の取り込みと増殖のバランス
    • 3.4 光合成と増殖のバランス
    • 3.5 植物プランクトン増殖モデルのパラメタリゼーション
    • 3.6 リン制限下での資源競合
    • 3.7 1つ以上の制限栄養塩-リンと窒素の制限
    • 3.8 まとめと結論
    • 3.9 シンボル,定義,単位
  • 4.植食者と藻類:万能ろ過摂食者の食物利用,成長および再生産
    • 4.1 Daphnia生物学の特徴
    • 4.2 純同化の配分
    • 4.3 摂餌,同化,総成長
    • 4.4 餌供給状況と個体成長の前歴
    • 4.5 必須元素の収支
    • 4.6 個体の死亡と個体群の損失
    • 4.7 個体群の生残と繁殖:人口統計学
    • 4.8 まとめと結論
    • 4.9 シンボル,定義,単位
  • 5.栄養塩,藻類および植食動物:肥沃化のパラドクス
    • 5.1 栄養塩,藻類,植食者-最小限のモデル
    • 5.2 平衡点と局所安定
    • 5.3 イソクラインと全体的な安定性
    • 5.4 絶滅,周期的軌道およびアトラクションの領域
    • 5.5 分岐と長期平均
    • 5.6 バイオマニピュレーションを可能とする負荷基準
    • 5.7 湖におけるリンと生物バイオマスの関係
    • 5.8 まとめと結論
    • 5.9 シンボル,定義,単位
  • 6.プランクトン食物網へのアプローチ:競合,共存,カオス
    • 6.1 r-K選択勾配の観点からみた富栄養化
    • 6.2 平衡状態における損失率の違いと侵入の可能性
    • 6.3 異なる栄養塩循環と資源供給比
    • 6.4 動物プランクトン排泄物の末路:炭素循環とカオス
    • 6.5 まとめと結論
    • 6.6 シンボル,定義,単位
  • 7.栄養塩のソースとシンクとしての植食動物:結論,限界,推察
  • 引用文献
  • 付録
    • A1 N:P供給比の違いにおける共存
    • A2 分配率と成長史データ
    • A3 元素組成と分配制限
    • A4 生残曲線と死亡率
    • A5 齢分布理論の要素
    • A6 栄養塩,藻類,植食者モデルの定常点
    • A7 栄養塩,藻類,植食者モデルの局所安定性解析
    • A8 持続性境界
    • A9 数値的考察と計算手順
    • A10 モデル・パラメータの文献調査