サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

帝国日本の英文学

帝国日本の英文学

  • 齋藤 一(著)
  • 序章 帝国日本の英文学
  • 第一章 済州島のロビンソン
    • 情熱と冷静のあいだで
    • アンビヴァレントな人、市河三喜
    • 〈ロビンソン〉としての自己成型
    • 脱亜入欧の葛藤
  • 第二章 英語青年の本分
    • 日露戦争とコンラッド「青春」
    • 忍び足でやってくるネメシス
    • ネメシスの眼のもとに
  • 第三章 沖縄からの返書
    • 国語と英語
    • 岡倉由三郎の英文学
    • 岡倉由三郎の言語学
    • 沖縄からの返書
    • 「英文学」の再構築に向けて
  • 第四章 日本の闇の奥
    • 西洋植民地主義批判の場所
    • 左翼「転向者」ジッド
    • 西洋植民主義批判としての『コンゴ紀行』
    • 『闇の奥』翻訳と中野好夫
    • 「恭順蛮人」とは誰のことか?
    • 霧社事件と日本の台湾高山族支配の歴史
    • 「恭順蛮人」と日本植民地主義の記憶
  • 第五章 英文学者、中島敦
    • 太平洋戦争と英文学
    • 『光と風と夢』の政治性
    • 西洋植民地主義批判者としてのヴァレリー
    • 『光と風と夢』の反時局性
    • スティーヴンソンと「私」の関係
  • 終章