サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

一般化学

一般化学 (大学への橋渡し)

  • 芝原 寛泰(共著)/ 斉藤 正治(共著)
  • 1章 化学の基礎と原子の構造
    • 1.1 化学の基礎
    • 1.2 原子はどんな構造をしているか
    • 1.3 四つの量子数で電子の住所を示す
    • 1.4 いろいろな電子軌道の形
    • 1.5 電子の入る順序の決まり方
  • 2章 化学結合
    • 2.1 分子軌道で考える共有結合
    • 2.2 混成軌道を導入して結合を理解する
    • 2.3 静電引力で結びつくイオン結合
    • 2.4 自由電子で結びつく金属結合
    • 2.5 弱いが重要な二次結合
  • 3章 化学反応と量的関係
    • 3.1 化学反応における量の表現のしかた
    • 3.2 化学反応式で物質の変化を表現する
    • 3.3 化学反応式と物質の量の関係
  • 4章 物質の三態
    • 4.1 理想気体と実在気体
    • 4,2 実在気体の理想気体からのずれを考える
    • 4.3 状態図から物質の三態を理解する
    • 4.4 固体の構造を見る
    • 4.5 IT技術を支える半導体
    • 4.6 液体・溶液の特徴と希薄溶液の性質
  • 5章 反応速度
    • 5.1 反応速度を定義する
    • 5.2 反応速度を式で表す
    • 5.3 活性化工ネルギーを超えると反応が起こる
  • 6章 酸と塩基
    • 6.1 酸・塩基を化学的に定義する
    • 6.2 酸塩基の電離と電離平衡
    • 6.3 pHは水素イオン濃度から定義される
    • 6.4 酸と塩基が結びつく中和反応
  • 7章 酸化と還元
    • 7.1 酸化と還元を定義する
    • 7.2 代表的な酸化剤と還元剤
    • 7.3 金属のイオン化傾向と電池の基礎
  • 8章 熱力学の法則
    • 8.1 熱力学から何がわかるか
    • 8.2 熱力学第一法則から導かれる新しい概念
    • 8.3 エンタルピーを導入してエネルギーを考える
    • 8.4 エントロピーを導入し熱力学第二法則を表現する
    • 8.5 エントロピーの原点を示す熱力学第三法則
  • 9章 科学平衡
    • 9.1 自由エネルギー関数で変化を予測する
    • 9.2 化学反応の自由エネルギー変化を考察する
    • 9.3 平衡定数と自由エネルギー
    • 9.4 物質の活力を表す化学ポテンシャル