サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

目次

  • 第一章 古典を読むと立派な人になれるというのは間違いだと思います
    • はじまり!はじまり!
    • 本を読むと立派な人になれるというのは間違い
    • 僕もじつは…古典も現代国語も嫌いでした
    • 「おもしろい」「たのしい」がすべての出発点ですかね
    • おもしろいにはじまり、おもしろいにおわる-『論語』
    • 古典なんか死んだ人のカスみたいなもんだ-『荘子』
    • 学んでも自分で考えないと、勉強する意味が無い
    • 「今」と「自分」が大切なのであって、古典や過去が大切なのではない
    • 言葉の背後にある心を想像する
    • 再び『荘子』の言葉を
    • 言葉を理解すること、心を理解しようと想像すること
    • *Column1*考古学・歴史学への羨望
  • 第二章 こんな生き方したいと思ったとき
    • 嫌いな文芸評論家との出逢い
    • 温厚なわたしが講演会を途中退席した理由
    • 記憶の彼方に、かすかなものが…
    • めでたし、めでたし!
    • 牛を売る者あり
    • すいません、余談をさせてください
    • 屁理屈か、人生の真実か、それが問題だ
    • 人皆生を楽しまざるは、死を恐れざる故なり
    • 人、死を憎まば、生を愛すべし。存命の喜び、日々に楽しまざらんや
    • 「生きて今ある喜び」って何よ?
    • 至福の瞬間に出逢える日を夢児て生きる
    • 再び福田恆存の講演へ、響きあう言葉
    • つながって、響きあって、広がってゆく
    • 死を自覚するとき
    • 古典から考えてゆく
    • そんな生き方をしてみたいと思いました
    • 旅はつづくよ、どこまでも
    • *Column2*母の俳句
  • 第三章 読むとこんなことがわかる、なんの役にも立たないけど
    • 書物に問いかける
    • メナム川の夕陽
    • そうか、洗濯機普及以前は…
    • 洗濯の人類史
    • 『古事記』に登場する洗濯
    • 待ちつづけた女
    • 歴史を知り、その時代に思いをはせる
    • イイ子ガイタライイノニナァー!
    • 男たちの視線
    • 余談を二つ
    • さらにもう一つ余談
    • 人の心は愚かなるものかな
    • 洗濯の文芸-万葉編1
    • 応用問題、裏が読めますか?
    • 洗濯の文芸-万葉編2
    • 洗濯の文芸-伊勢物語編
    • お正月はたいへんだ!
    • プライドを傷つけずに援助する
    • 贈り物はたいへんだ!
    • ごめんなさい、最後も余談で
    • *Column3*生活と表現
  • 第四章 人は遊びのなかに学び、時に自らの愚かさを知る
    • 堕落する様子を歌舞伎で見る
    • またまた余談
    • 鳴神とは
    • 色仕掛けで、人をだます
    • 心の動きを役者はどう演ずるか見る
    • 劇場に歌舞伎を見に行こう
    • 早めに劇場に入って雰囲気をたのしもう
    • 食べるたのしみ、語るたのしみ
    • 修学旅行といえば、奈良・京都
    • 猿沢の池
    • 南大門の花園、その南の池
    • この話のおもしろさは…
    • 天才的詐欺師、それは才能か、病気か?
    • 芥川龍之介の「竜」
    • 芥川さん、それはどうしてですか?
    • 猿沢の池に行ったら
    • そろそろまとめに入りましょう
    • これから、みんなどうすんのよ?
    • 不可解と、不条理を生きる
    • 愚かさを知る
    • 学ぶこころと、遊ぶこころ
    • *Column4*注釈ということ
  • 引用古典と言及した文献の一覧
  • あとがき