サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

有機反応論

有機反応論

  • 加納 航治(著)
  • 1 化学結合
    • 1.1 原子
    • 1.2 分子
    • 1.3 炭素の混成軌道
    • 1.4 その他の原子の混成軌道
  • 2 分子軌道法
    • 2.1 H2の分子軌道法と共有結合
    • 2.2 メタンの分子軌道
    • 2.3 エチレン(エタン)の分子軌道
  • 3 酸と塩基
    • 3.1 酸・塩基の定義
    • 3.2 酸解離平衡定数
    • 3.3 置換基の誘起効果と酸解離
    • 3.4 酸解離における共鳴効果
    • 3.5 酸解離における溶媒効果
    • 3.6 酸解離の熱力学
  • 4 脂肪族求核置換反応
    • 4.1 SN2反応
    • 4.2 SN2反応の速度論
    • 4.3 SN2反応の有機反応論的機構
    • 4.4 SN2反応におけるWalden反転
    • 4.5 反応のエネルギー図
    • 4.6 SN2反応における立体障害
    • 4.7 SN2反応例
    • 4.8 求核性
    • 4.9 脱離基
    • 4.10 良好な脱離基の用意
    • 4.11 SN2反応の分子軌道法的取り扱い
    • 4.12 SN1反応の有機反応論的機構
    • 4.13 SN1反応のポテンシャルエネルギー図
    • 4.14 SNl反応における部分ラセミ化
    • 4.15 SN1反応における転位
    • 4.16 SN1反応例
    • 4.17 SNl反応の分子軌道法的取り扱い
    • 4.18 求核置換反応の溶媒効果
    • 4.19 非プロトン性極性溶媒とSN2反応
  • 5 脱離反応
    • 5.1 E2反応
    • 5.2 E2反応と塩基
    • 5.3 E2反応の立体化学
    • 5.4 E2反応の配向性
    • 5.5 E2反応の分子軌道法的取り扱い
    • 5.6 E1反応
    • 5.7 E1反応の立体化学
    • 5.8 El反応の分子軌道法的取り扱い
    • 5.9 脱離反応の溶媒効果
    • 5.10 ElcB反応
    • 5.11 脱離反応の例
  • 6 求核付加反応
    • 6.1 カルボニル基の特徴
    • 6.2 水の付加
    • 6.3 アルコールの付加
    • 6.4 シアン化水素の付加
    • 6.5 アミンの付加
    • 6.6 カルボアニオンの付加
    • 6.7 有機金属の付加
    • 6.8 ヒドリド移動を含む付加
    • 6.9 求核付加反応の分子軌道法的取り扱い
  • 7 求核付加-脱離反応
    • 7.1 カルボン酸誘導体の特徴
    • 7.2 水との反応-加水分解反応
    • 7.3 アルコールとの反応
    • 7.4 カルボン酸との反応
    • 7.5 アミンとの反応
    • 7.6 カルボアニオンとの反応
    • 7.7 有機金属との反応
    • 7.8 ヒドリド還元
    • 7.9 付加-脱離反応の分子軌道法的取り扱い
  • 8 求電子付加反応
    • 8.1 ハロゲンの付加
    • 8.2 アルケンヘのハロゲンの付加反応に対する分子軌道法的取り扱い
    • 8.3 プロトン酸の付加
    • 8.4 ヒドロホウ素化-酸化反応
    • 8.5 カルベンの付加
    • 8.6 相間移動触媒
    • 8.7 過酸との反応
  • 9 共役化合物の化学
    • 9.1 共役ジエンの水素添加熱
    • 9.2 Hückel分子軌道法
  • 10 芳香族化合物の特徴と反応性
    • 10.1 ベンゼンと脂肪族不飽和化合物との反応性の相違
    • 10.2 ベンゼンの共鳴安定化
    • 10.3 芳香族性-Hückel則
    • 10.4 ベンゼンの置換基効果
    • 10.5 Hammett則
    • 10.6 芳香族求電子置換反応
    • 10.7 芳香族求電子置換反応の分子軌道法的取り扱い
  • 11 芳香族求電子置換反応 各論
    • 11.1 ニトロ化反応
    • 11.2 スルホン化反応
    • 11.3 ハロゲン化
    • 11.4 アルキル化およびアルカノイル化
    • 11.5 カルボキシ化反応
    • 11.6 ジアゾカップリング反応
  • 12 芳香族求核置換反応
    • 12.1 付加-脱離機構(芳香族SN2反応)
    • 12.2 アリールカチオン機構(芳香族SN1反応)
    • 12.3 脱離-付加機構
  • 13 芳香族ヘテロ環化合物
    • 13.1 ビリジン,ピロールおよびフランの構造化学
    • 13.2 求電子置換反応
    • 13.3 求核置換反応