サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

目次

  • 第1章 実験計画法の基礎事項
    • 1−1 実験計画法とは
    • 1−2 実験計画法の必要性
    • 1−3 フィッシャーの3原則
    • 1−4 特性値の分類
    • 1−5 因子の分類
    • 1−6 モデルの当てはめとその評価
    • 1−7 3種類の分解
    • 1−8 正規分布とその周辺
    • 1−9 線形モデルの一般論
  • 第2章 種々の実験計画法とデータ解析
    • 2−1 1因子2水準実験(2群の比較)の手順
    • 2−2 1因子2水準実験(2酵の比較)の実際
    • 2−3 1因子多水準実験(多群の比較)の手順
    • 2−4 一元配置分散分析
    • 2−5 一元配置分散分析の実際
    • 2−6 一元配置分散分析(ソフトウェアの出力)
    • 2−7 一対比較
    • 2−8 乱塊法の手順
    • 2−9 乱塊法の実際
    • 2−10 ラテン方格法
    • 2−11 ラテン方格法による実験結果の解析
    • 2−12 釣り合い型不完備ブロック計画(BIBD)
    • 2−13 BIBDによる実験結果の解析
    • 2−14 2因子実験(繰り返しなし)
    • 2−15 繰り返しのない二元配置分散分析
    • 2−16 2因子実験(繰り返しあり)
    • 2−17 繰り返しのある二元配置分散分析
    • 2−18 繰り返しのある二元配置分散分析(JMP)と結果の解釈
  • 第3章 2水準型要因計画とその実際
    • 3−1 完全実施要因計画と主効果
    • 3−2 完全実施要因計画における交互作用
    • 3−3 主効果と交互作用の解釈
    • 3−4 主効果モデル
    • 3−5 交互作用モデル
    • 3−6 要因計画実験の例
    • 3−7 要因計画実験結果の分析
    • 3−8 一部実施要因計画
    • 3−9 効果の交絡
    • 3−10 交絡パターンの導出
    • 3−11 直交表
    • 3−12 直交表への因子の割り付け
    • 3−13 直交表による実験結果の解析
    • 3−14 ブロック化
    • 3−15 Plackett‐Burman計画
  • 第4章 応答曲面法
    • 4−1 応答曲面法とは
    • 4−2 1次の計画と方向の探索
    • 4−3 2次の計画(3水準系の計画)
    • 4−4 中心複合計画
    • 4−5 2次多項式の当てはめ
    • 4−6 よい実験計画と最適計画
    • 4−7 最適計画の性質
    • 4−8 コンピュータによる計画の作成