サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • Ⅰ 注釈
    • 一 続古今集加撰者事
    • 二 寛元六帖人々哥
    • 三 寛元六帖俗ニ近し
    • 四 俊成ハ幽玄、定家ハ義理
    • 五 亡父哥殊勝なれ共
    • 六 教定ハ此道門弟ナリ
    • 七 歌ハ人にも見合
    • 八 中納言入道哥ハ心得られぬ
    • 九 中納言入道慈鎮和尚ニ
    • 一〇 西行自哥を番て
    • 一一 遠所より被遣勅書
    • 一二 妙音院入道仁平御賀
    • 一三 鶴殿哥事
    • 一四 家隆ハ寂蓮が聟也
    • 一五 土御門小宰相被申ける
    • 一六 梅の哥に花やかなる哥なし
    • 一七 亡父卿ノ人トハゞノ哥
    • 一八 後嵯峨院民部卿入道ニ
    • 一九 白河殿七百首ノ時ニ
    • 二〇 真観まいりて短冊を
    • 二一 祝部忠成にあふ
    • 二二 信実卿をバ無双哥よみ
    • 二三 続後撰ノ難
    • 二四 信実朝臣女三人
    • 二五 藻壁門院少将老後ニ
    • 二六 弘長仙洞百首
    • 二七 哥ハ誠をさきとすべし
    • 二八 古今の説をうけん
    • 二九 一橋をわたる様によむ
    • 三〇 故大納言予共ニ
    • 三一 兼宗大納言束帯にて
    • 三二 新勅撰ノ時
    • 三三 為家はわかくてハ
    • 三四 徳大寺ノ哥ノ間
    • 三五 独古かまくび
    • 三六 柿本・栗本
    • 三七 遠所十首御哥合
    • 三八 秀能ハ無双ノ哥よみ
    • 三九 秀宗ミまかりて
    • 四〇 哥よみには好詞あり
    • 四一 仁安六条院践祚時
    • 四二 知家卿父顕家
    • 四三 文保大嘗会哥
    • 四四 閼伽井宮御物語云
    • 四五 隆博卿ハ行家ニハ
    • 四六 中院禅門北野参籠之時
    • 四七 哥合ニ人のもとへ行
    • 四八 はや人ノ薩摩ノ廻門
    • 七九 中院禅門と阿仏房と
    • 五〇 為教を車の尻にのせて
    • 五一 弁内侍少将内侍御連歌
    • 五二 吉田泉にて御連歌
    • 五三 三代集作者を賦物にて
    • 五四 文永亀山殿五首哥合
    • 五五 連歌ニ本哥三句に
    • 五六 円光院殿仰云
    • 五七 後伏見院二申置るゝ
    • 五八 時代不同哥合に
    • 五九 はれノ哥ヨマン
    • 六〇 院庚申五首時
    • 六一 高尾文学上人哥五首
    • 六二 心源上人語云
    • 六三 千載集ノ比西行
    • 六四 或聖西国より上りける
    • 六五 住吉神主国冬云
    • 六六 初心なる時は
    • 六七 初心ノケイコ
    • 六八 勅撰ニ異名アリ
    • 六九 堀河院百首は殿上大盤
    • 七〇 法師入道などの哥
    • 七一 女房懐紙
    • 七二 男懐紙
    • 七三 頓覚哥
    • 七四 勅撰ハ道ノ重事
    • 七五 能誉ハ被執シ哥読
    • 七六 兼氏朝臣ハ稽古も読口も
    • 七七 隆教卿わかくてハ
    • 七八 嵯峨中院亭にて発句
    • 七九 禅門発句
    • 八〇 無生発句
    • 八一 俊恵と俊成
    • 八二 富小路と中御門
    • 八三 亀山殿千首時
    • 八四 吉田なる所にて
    • 八五 亡父こそうるハしき
    • 八六 哥よみと哥作り
    • 八七 被進慈鎮和尚消息
    • 八八 哥の本
    • 八九 冷泉亜相譲与其状
    • 九〇 雀文車
    • 九一 長舜と順教
    • 九二 俊言宰相雲客之時
    • 九三 有声人
    • 九四 読畢急可起故実
    • 九五 晴哥ハ人にもみせあハす
    • 九六 めづらしき本哥名所
    • 九七 哥などの案を物別ニ書
    • 九八 勅撰ハ或可然高位人を
    • 九九 拾遺集と拾遺抄 以下続く
  • Ⅱ 考察
    • 一 天理本『井蛙抄』の性格
    • 二 頓阿の精神的基底
  • Ⅲ 索引
    • 人物・事項索引
    • 和歌初句索引