サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 序論
  • 第1章 ことばはどのように習得されるのか
    • 1.1 言語情報処理のしくみ
    • 1.2 第二言語習得モデル
    • 1.3 脳科学的解明の可能性
  • 第2章 言語習得における注意の役割
    • 2.1 注意と気づきのメカニズム
    • 2.2 選択的注意:学習におけるはたらき
    • 2.3 選択的注意:脳と認知のメカニズム
    • 2.4 意識と注意の測定方法
    • 2.5 脳科学的観測の展望
  • 第3章 言語理解のメカニズム
    • 3.1 情報処理のしくみ
    • 3.2 スキーマ理論
    • 3.3 インタラクティブモデル
    • 3.4 新しいボトムアップ処理理論
    • 3.5 Leveltのモデル
    • 3.6 リーディングとリスニングのメカニズム
    • 3.7 言語能力とは
    • 3.8 脳科学データの必要性
  • 第4章 言語とワーキングメモリ
    • 4.1 ワーキングメモリとは
    • 4.2 二貯蔵庫モデル
    • 4.3 ワーキングメモリと選択的注意
    • 4.4 第一言語のワーキングメモリ
    • 4.5 第二言語のワーキングメモリ
    • 4.6 ワーキングメモリと脳
    • 4.7 脳科学データの必要性
  • 第5章 言語と脳
    • 5.1 言語と脳の研究の歴史
    • 5.2 脳のしくみ
    • 5.3 言語処理の脳
    • 5.4 第二言語と脳
    • 5.5 意識と脳
    • 5.6 最近の脳機能イメージング法
    • 5.7 脳機能イメージング法の応用
  • 第6章 光トポグラフィで脳をみる
    • 6.1 光トポグラフィ
    • 6.2 英語学習者の脳をしらべる
    • 6.3 光トポグラフィで英語学習脳をしらべる
    • 6.4 英語教育への応用
  • 第7章 英語は脳のどこで学習されるのか
    • 7.1 左脳優位説をたしかめる
    • 7.2 脳内は協調するか
  • 第8章 英語学習者の最適脳活性状態
    • 8.1 英語処理脳は母語処理脳に近づくのか
  • 第9章 教授法開発で脳活性化
    • 9.1 課題の難易度は脳を変化させるか
    • 9.2 脳科学によるスキーマ理論
    • 9.3 繰り返しの脳
  • 第10章 英語教育における今後の課題
    • 10.1 英語学習成功のカギ
    • 10.2 教授法開発の展望