サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

旅と交遊の江戸思想

旅と交遊の江戸思想

  • 八木 清治(著)
  • 序章 「旅」の近世思想史-益軒・青陵・松陰を中心に
    • 一、「旅」の視点
    • 二、「旅」の類型化
    • 三、思想形成とネットワーク
    • 四、本書の構成と若干の展望
  • 第一章 貝原益軒の旅行観と「楽」の思想
    • 一、「旅」からのアプローチ
    • 二、旅のかたち-「遊観」
    • 三、旅のまなざし-「視覚の風景」
    • 四、旅の効用
    • 五、「楽」の思想
    • 六、「楽」の教え
  • 第二章 十八世紀後半における旅と情報ネットワーク-橘南谿・亀井南冥・高山彦九郎の交遊をめぐって
    • 一、田沼時代の旅人
    • 二、『西遊記』の問題点
    • 三、橘南谿と亀井南冥の交流
    • 四、政事聞合せ
    • 五、高山彦九郎の西遊
    • 六、南冥廃黜事件への新たな視点
  • 第三章 亀井南冥廃黜事件考
    • 一、既成の枠組みへの疑問
    • 二、東西学問所並立について-淵源説の再検討
    • 三、建碑不許可問題について-近因説の再検討
    • 四、南冥廃黜事件の意義
    • 五、私見の提示
  • 第四章 漂流民と知識人のあいだ-「孫七漂流記」考
    • 一、問題の所在
    • 二、「孫七漂流記」諸文献の分類
    • 三、異国・異文化への対応
    • 四、知識人の関心と知の位相
    • 五、民衆的真実と知識人
  • 第五章 海保青陵の交遊-青陵像の再構成
    • 一、課題と方法
    • 二、概観
    • 三、交遊人物
    • 四、交遊の諸相(Ⅰ)-医家とのかかわり
    • 五、交遊の諸相(Ⅱ)-文人とのかかわり
    • 六、交遊の諸相(Ⅲ)-商人とのかかわり
    • 七、文人から経世家へ
  • 第六章 近世伊勢参宮の民衆心意
    • 一、思想史的アプローチ
    • 二、地域の「伊勢参宮道中日記」から
    • 三、一般参宮と「抜け参り」
    • 四、「抜け」意識と「お蔭」意識
    • 五、民衆心意の重層性
  • 第七章 幕末青年武士の旅意識
    • 一、若者と旅
    • 二、新しい旅意識の芽生え-橘南谿と高山彦九郎
    • 三、知識人の遊歴と武者修行の復活
    • 四、「志士」の誕生と旅-吉田松陰の場合
    • 五、遊学と遊歴の結合
    • 六、旅の精神史的意義
  • 第八章 吉田松陰の旅と「武」のネットワーク
    • 一、松陰への視座
    • 二、松陰の旅-その精神史的問題点について
    • 三、平戸遊学から東北遊歴へ
    • 四、拠点としての梁山泊-鳥山新三郎塾
    • 五、思想形成の基盤としての旅とネットワーク