サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

好評につき期間延長!2019年版カレンダー ポイントキャンペーン

目次

近代名著解題選集 復刻 7 近代日本名著解題

近代名著解題選集 復刻 7 近代日本名著解題

  • 紀田 順一郎(編・解説)/ 岡野 他家夫(著)
  • 第一部Ⅰ 時代に生きた本
    • ベストセラーは何時頃から生れたか
    • 活字になった仏典や浄瑠璃本、好評だった「西鶴」と「近松」もの
    • 庶民の“見る本”「赤本」から「草雙紙」へ
    • 発禁処罰になった先駆者の著書
    • 京伝の処刑と軟派本への弾圧
    • 世界的伝奇小説「里見八犬伝」
    • 「田舎源氏」と「春色梅暦」
    • インテリに歓迎された静軒居士の「江戸繁昌記」
    • 過渡期の出版物
    • 文明開化の書
    • 明治の三書
    • 過渡期文学の逸品「柳橋新誌」
    • 時勢の鏡「柳橋新誌」の二編
    • 繁昌記物の白眉「東京新繁昌記」
    • 繁昌記もの全盛時代
    • 開化期の流行小説
    • 毒婦物の名作-阿松・阿衣・阿伝
    • 初期の蘭学書
    • 最初の対訳辞書「ハルマ和解」
    • 仏学の始祖村上英俊の「三語便覧」など
    • 英語の伝習と初期の英学書
    • 最初の本格的英和辞書の出現
    • ヘボン博士の和英辞書
    • 薩摩辞書と開拓使辞書
    • 立憲政体を主張した最初の書
    • 欧米の政体・憲法の紹介書
    • 自由民権思想を理解させた著述
    • 言論・出版の自由を諭じた書
    • 明治以前の科学書
    • 明治初年の啓蒙的科学書
    • 窮理熱の流行と窮理の書
    • 博物学と科学一般の書
    • 三条教憲と十一兼題、十七兼題
    • 天主教の祈禱や礼拝の書
    • 新教関係の書、聖書、讃美歌など
    • 仏教徒の護法的著述の代表書
    • 学制の確立に寄与した教育書
    • 修身と道徳の権威書
    • 井上哲次郎の心理と倫理の書
    • 哲学という語を最初に用いた本
    • 人気をさらった翻訳文芸物
    • 自由民権を反映した翻駅文芸
    • ボール表紙本の政治小説
    • ロシア物最初の日本訳
    • プーシュキンの「大尉の娘」
    • シェークスピア物のはしり
    • ゲーテの「ライネッケ・フックス」
    • 翻訳探偵小説の元祖
    • 政談演説種本、西洋の雄弁集
    • 新聞の自由を論じた最初の訳書
    • 初期に流行した唱歌の本
    • 始めて出た性の翻訳書
    • 性典物の先駆「男女自衛論」
    • 仙郷学人の名著「理科仙郷」
    • たばこに関する大全的大著
    • 畔田翠山の遺著「水族誌」刊行
    • 日本に於ける近代植物学の先駆
    • 旧派和歌を代表する歌集
    • 洋詩の先駆「新体誌抄」
    • 近代的国民史始めて現わる
    • 文明史の白眉「文明東漸史」
    • 「群書類従」を継ぐ「史籍集覧」
    • 初めて出たヨーロッパ近世史の翻訳
    • 稗史風の歴史書と裏面史的読み物
    • 社会主義紹介の重要文献
    • スペンサーの流行と、「社会学原理」の翻訳
    • 英国の新聞事情紹介の初訳本
    • 邦人の著述に成る新聞理論の書
    • 新文学の先駆的作品
    • 新文壇の名作続々と出版
    • 一世を風靡した蘇峰の出世作
    • 純日本主義に立つ雪嶺の警世的大文章
    • 土地単税論を祖述した社会問題の書
    • 陸羯南の代表的政治評論書
    • 思軒居士の翻訳文芸書
    • 家庭小説・少年文学の逸品
    • 牧歌的情緒ゆたかな田園文学
    • 創作による少年文学の第一声
    • 青少年に愛読された歴史小説
    • 大衆文学の先駆、涙香と浪六の著作
    • 思想界に影響を与えた進化論の書
    • ダァイン「種の起源」の訳書
    • 風景観を詩趣に託した「日本風景論」
    • 世界的立場から書かれた東西両洋の地誌
    • 美文集の流行と美文作家
    • 独特の体系に成る日本国民史
    • 「日本風俗史」の権威者
    • 新しい国文学史の先駆書
    • 海外に声価高めた日本人の手になる二大英文著書
    • 兆民居士の生前の遺著「一年有半」
    • 宗教・道徳・倫理の一元的説明「天人論」
    • 明治の生んだユートピアの書
    • 第一人者の書いた「社会主義神髄」
    • 社会主義文学の代表作「火の柱」ほか
    • 時代を超えて読者の心を捉える自然詩集「自然と人生」
    • 珠玉の名篇をおさめた「武蔵野」
    • 浪漫的詩歌の華「若菜集」
    • 「荒城の月」の作者の「天地有情」
    • 浪漫主義文学最大の収穫「みだれ髪」 以下続く
  • 第一部Ⅱ 読まれた本
    • 大正時代の出版展望
    • 明治・大正期にかけての大出版
    • 籾山書店の「胡蝶装本」その他
    • 博文館の「長編講談」など
    • 立川文庫
    • 「アカギ叢書」と「エルテル叢書」
    • 世評の高かった翻訳もの数種
    • 春陽堂の「現代文芸叢書」
    • 新潮社の「代表的名作選集」
    • 春陽堂版の「名家傑作集」その他
    • 新潮社版の「新進作家叢書」
    • 三重吉編の「現代名作集」など
    • 洛陽堂出版の名著
    • 東雲堂出版の名歌集
    • 「修養」と「世渡りの道」など
    • 雪嶺博士の大著「宇宙」と「想痕」
    • 夢二時代をつくった夢二の著作
    • 荷風散人の訳誌と散策記の逸品
    • ベストセラーとなった海の文学
    • 岩波書店の処女出版「哲学叢書」
    • 〈西田哲学〉大いに流行す
    • 「三太郎の日記」と阿部次郎の著書
    • 「古寺巡礼」と和辻哲郎の著作
    • 河上肇博士の「貧乏物語」
    • 日本における紡績女工の実態を解剖した記念すべき記録
    • 「牛」と「簞笥」
    • ロマン・ローランの激賞した「出家とその弟子」
    • 書下し長篇流行の先駆「受難者」
    • 流行作家菊池寛の作品集
    • 労働記録の聖書と称讃された賀川豊彦の「死線を越えて」
    • 〈一灯園〉時代を築いた「懺悔の生活」
    • 長篇創作「新約」ほか、流行の宗教文学の書
    • 読者を酔わせた有島武郎の愛の文学
    • 大杉栄の名訳「種の起原」
    • 厨川白村博士の「近代の恋愛観」他
    • 里見弴の代表作
    • 大正期ベストセラーの筆頭、窪田十一訳の「人肉の市」
    • 最初の「啄木全集」
    • 詩人春月と「感傷の春」
    • 藤森成吉の自費出版「波」
    • 人気作家幹彦の祇園ものなど
    • 旅を愛し孤独に生きた絃二郎の著作
    • 捕物帳の元祖
    • 大衆小説の先駆「大菩薩峠」
    • 考証的よみものの逸品
    • 大正の思想界をリードした臨川の評論書
  • 第一部Ⅲ 書いた人、書かれた本
    • 永井博士の「生命論」など
    • 平沢計七の労働文学の書
    • 春夫の出世作「田園の憂鬱」
    • 新しい女の代表雷鳥女史の評論書
    • 孤独の行者隈畔の思想的自伝の書
    • タゴールの「生の実現」
    • 石原純博士の理学書と歌集
    • 藤村の懺悔録「新生」
    • 犬養健の短篇集「一つの時代」
    • 芥川竜之介の「羅生門」
    • 武者小路実篤さんの自伝小説
    • 久米正雄と第一創作集「学生時代」
    • 山本有三と戯曲集「同志の人々」
    • 吉屋信子とその出世作
    • 百合子と初期の創作集
    • 弥生子の初期の作と創作集
    • 白蓮女史の情熱の歌集
    • 「金鈴」と「無憂華」
    • 大正時代流行作家の著作
    • 筆者の印象に残る文芸書
  • 第二部Ⅰ 雑誌の興亡を見る
    • 発生期に出た雑誌
    • 本格的な学術雑誌「明六雑誌」生る
    • 戯作文学時代に歓迎された文芸雑誌
    • 先駆的経済誌や政論誌など
    • 過渡期の文芸雑誌いろいろ
    • 和歌・俳諧・新詩の雑誌
    • 最初の演劇雑誌と美術雑誌
    • 時代を啓蒙した学術団体の機関雑誌
    • 権威ある専門雑誌続々と刊行
    • 少年雑誌生る
    • 女性雑誌のはじまり
    • 新文芸誌「我楽多文庫」生る
    • 小説専門の雑誌「都の花」
    • 「我楽多文庫」系統の文芸雑誌
    • 関西文壇とその機関雑誌
    • 明治の思想界をリードした「六合雑誌」
    • 明治の新文学に影響を与えた「日本評論」
    • 最初の綜合雑誌「国民之友」生る
    • 美術雑誌の祖「国華」
    • 絵で見る風俗雑誌
    • 民族と国家の自覚に立脚した新雑誌
    • 二十年前後に創刊の有力諸雑誌
    • 「中央公論」の系譜
    • 千駄木派の機関誌「しがらみ草紙」
    • 稲門派の本城「早稲田文学」の創刊
    • 浪漫主義文学を培った「文学界」
    • 赤門派の機関誌「帝国文学」
    • 最大の綜合雑誌「太陽」の創刊
    • 文芸を大衆に解放した文学雑誌
    • 投書家を文人に育てた「文庫」
    • 青年文士の言論機関「新声」
    • 三代の俳句史「ホトトギス」
    • 誌齢六十年の歌誌「心の花」
    • 詩・歌中心の文芸雑誌「明星」
    • 金港堂五大雑誌の一つ「文芸界」
    • 半世紀以上の誌齢を保つ「新潮」
    • 子規を中心とする根岸短歌会の機関誌
    • 投書雑誌として知られた文芸誌二つ
    • 創作を重視した「新古文林」と「趣味」
    • 文章研究雑誌から文学雑誌に成長した「文章世界」
    • 啄木の盛岡で発行した「小天地」
    • 同人雑誌から発展した「白樺」
    • 女性による女性のための雑誌「青鞜」
  • 第二部Ⅱ (1)明治期の文芸雑誌
    • 近代文学発生以前の文芸雑誌
    • 硯友社系統の文芸誌
    • 関西派の文芸誌
    • やや重視すべき文芸誌
    • 文芸作品を掲載した諸雑誌
    • 詩・歌・俳句を中心とした雑誌
    • 演劇関係の雑誌
    • 文学関係の評論・研究などを載せた雑誌
    • 書評雑誌と経済雑誌
  • 第二部Ⅱ (2)発禁書から見た日本思想略史
    • 自由と国権の衝突、最初の発禁書
    • 言論の自由もつかのま(明治時代)
    • 筆禍事件相次ぐ(大正時代)
    • 生々しい悪夢(昭和時代)
  • 第二部Ⅱ (3)明治本の口絵と挿絵
  • 第三部 書影写真 Ⅰ 書籍
  • 第三部 書影写真 Ⅱ 雑誌
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。