サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

目次

モダリティ

モダリティ

  • 澤田 治美(著)
  • 第Ⅰ部 モダリティに関する理論的な問題をめぐって
    • 第1章 モダリティへのアプローチ
    • 第2章 モダリティ分析のための基本概念
    • 第3章 英語におけるモダリティ研究の流れ
  • 第Ⅱ部 モダリティの多義性と現実性・仮想性をめぐって
    • 第4章 「could+完了形」構文における7タイプの多義性
    • 第5章 「could/might/must+完了形」の表すモダリティ
    • 第6章 状況の分類と仮定的条件文におけるモダリティ
    • 第7章 状況の「現実性/仮想性」とモダリティの「主観性/客観性」・「主体性/客体性」
    • 第8章 モダリティの認知意味論と語用論
  • 第Ⅲ部 認識的モダリティと存在的モダリティをめぐって
    • 第9章 推論のパタンと認識的モダリティ
    • 第10章 存在的モダリティと認識的モダリティの間
    • 第11章 認識的モダリティの命題内容条件
    • 第12章 認識的不可能性におけるモダリティ否定と命題否定
  • 第Ⅳ部 束縛的モダリティと言語行為的モダリティをめぐって
    • 第13章 束縛的モダリティと動機づけ
    • 第14章 束縛的モダリティとしての二つのneed
    • 第15章 言語行為的モダリティと認識的モダリティの間
  • 第Ⅴ部 自発的モダリティ,感情的モダリティ,そして未来性をめぐって
    • 第16章 日英語における自発的モダリティ
    • 第17章 感情的モダリティと心理的衝突
    • 第18章 未来性からモダリティへ

英文法 ランキング

英文法のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。