サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

目次

  • 一月
    • 文藝時評 中村武羅夫『新小説』
    • 田舎の正月 新年文壇評 藤森淳三『国民新聞』
    • 新年号女流の作品 鷹野つぎ『東京朝日新聞』
    • 復興第一春の文壇を総評す 江口渙『読売新聞』
    • 大正十二年史 文藝界 (無署名)『万朝報』
    • 新年号から 長短十箇の作 正宗白鳥『時事新報』
    • 新年号から 新進作家一瞥 堀木克三『時事新報』
    • 新年号から 新小説を読む(上) 酒井真人『時事新報』
    • 新春文壇の収穫 川端康成『都新聞』
    • 創作評に言を托す 武藤直治『東京朝日新聞』
    • 一月の創作 生田長江『報知新聞』
    • 貧乏な青年の心理/克明な性格描写 木蘇穀『東京朝日新聞』
    • 既成作家と新進作家へ 水守亀之助『東京朝日新聞』
    • 虚無的な冷たさ/テーマの現実味/生活前派の存在/偉さ及び敏感性 青野季吉『東京朝日新聞』
  • 二月
    • 正月文壇評 一月の小説について 前田河広一郎『早稲田文学』
    • 二月創作評 石浜金作『読売新聞』
    • 二月文壇の諸作品 中村武羅夫『都新聞』
    • 二月の文藝批評 古賀龍視『国民新聞』
    • 諸家の作品 いはゆる月評です 佐藤春夫『報知新聞』
    • 感覚で物を言ふ 二月の創作評 片岡鉄兵『時事新報』
  • 三月
    • 三月文壇創作評 尾崎士郎『都新聞』
    • 三月の創作を読む 佐々木味津三『時事新報』
    • 三月の創作 田山花袋『報知新聞』
    • 砂上雑藁 三月創作月評 田中純『読売新聞』
    • 『我観』の震災小説 其他 瀕死の女病人を介抱した鮮人/新進作家たちの技巧 新生面を開かうとする努力 青峰『国民新聞』
    • 「牧歌的」と「詠嘆的」大家新進を並べた新小説 青峰『国民新聞』
    • 名文二種 島崎氏の小説 志賀氏の小品 青峰『国民新聞』
    • 新しい写生文小説 ホトトギス派と新傾向派 青峰『国民新聞』
    • 続三月の小説評 直木三十三『時事新報』
  • 四月
    • 前月一幕物評 川端康成『文藝春秋』
    • 四月雑誌月評 江口渙『読売新聞』
    • 四月の作品 徳田秋声『報知新聞』
    • 三月の創作を読む 一、『中央公論』の諸作 中村白葉『世界文学』
    • 三月の創作を読む 二、『新潮』の諸作 安中健次郎『世界文学』
    • 三月の創作を読む 三、『我観』『早稲田文学』『演劇新潮』の諸作 土屋長村『世界文学』
    • 三月の創作を読む 四、『新小説』の諸作 川合仁『世界文学』
    • 三月の創作を読む 五、『改造』の諸作 前田晁『世界文学』
    • 甘いもの辛いもの 倉田氏の劇正宗氏の小説/人さまざまの生活 豊島氏外三氏の小説 青峰『国民新聞』
    • 珍しい人々 国木田虎雄氏や今野、南部氏等 青峰『国民新聞』
    • 二人の女流作家 その『夕飯』と『お加代』と 青峰『国民新聞』
    • 所謂早稲田の中竪 感傷味やエロチツクな匂ひ/読物本位の新小説 名前の立派な創作欄 青峰『国民新聞』
    • 行き詰まりか 新小説評のつゞき、『南国』其他『閑人』と『困惑』 青峰『国民新聞』
    • 花見月処女月評 戸川貞雄『都新聞』
    • 月評 戯曲と小説と『演劇新潮』と『新潮』から 金子洋文『読売新聞』
  • 五月
    • 四月の創作評 中沢静雄『早稲田文学』
    • 月評 サイノメのままに 片岡鉄兵『読売新聞』
    • 五月小説読後感 石浜金作『都新聞』
    • 江口渙氏の震災小説 其他新進の四作/中條女史の一佳作と『冬晴れ』外二篇 青峰『国民新聞』
    • 人間繁栄と『花が咲く』と『微苦笑』 青峰『国民新聞』
    • 外人を描いた二つの創作 青峰『国民新聞』
    • 所謂歴史物の皮肉な味 並に滝井氏の作/広津氏の震災記録 小川牧野両氏の作 青峰『国民新聞』
    • 「随筆」の創作四篇 青峰『国民新聞』
    • 藤森氏の古匣四篇 其他小説二種 青峰『国民新聞』
    • 五月の創作を読む 広津和郎『時事新報』
    • 五月創作批評 宇野浩二『報知新聞』
    • 汽車月評 正宗白鳥『読売新聞』
  • 六月
    • 早稲田文学合評会 五月の創作 細田源吉・宮島新三郎・戸川貞雄・原田実・大槻憲二・武藤直治・和田伝・本間久雄『早稲田文学』
    • 月評 六月のある作品 田山花袋『読売新聞』
    • 六月の小説と戯曲 中村星湖『時事新報』
    • 六月文壇の印象 加能作次郎『報知新聞』
    • 夫婦間の葛藤を描いた二小説 青峰『国民新聞』
    • 『忘春述懐』等 中央公論の三作 青峰『国民新聞』
    • 「不二」と「我観」の小説三種/『脱営兵』其他 小川氏の散文詩 初めての綿貫氏 青峰『国民新聞』
    • 藤森氏の「敵」と宇野氏の「接吻」 青峰『国民新聞』
    • 「新小説」の三つの短編 青峰『国民新聞』
    • 名文『旅びと』加能氏の『旅先』豊島氏の『梅雨』/少壮を誘る人々 新潮の三氏やら文藝春秋の請氏 青峰『国民新聞』
    • 六月の小説月評 南部修太郎『都新聞』
  • 七月
    • 読んだ脚本六つについて 武者小路実篤『演劇新潮』
    • 創作月評 読んだものから 葛西善蔵『随筆』
    • 六月創作短評 Y・M生・△△『文壇』
    • 七月の小説と戯曲 水守亀之助『報知新聞』
    • 月評 読んだもの二三 加藤武雄『読売新聞』
    • 七月の小説と戯曲 一読者の感想 武藤直治『万朝報』
    • 月評その日その日 田中純『時事新報』
    • 不安恐怖を主題とした創作/二小説と一戯曲 不安恐怖号の続き 青峰『国民新聞』
    • 戸川貞雄氏と岡田三郎氏/初めて見る新進の三氏 細田氏の『舌』 青峰『国民新聞』
    • 初めての創作評 温亭『国民新聞』
    • 二雑誌の小説/水上氏の佳作『罹災者』 其他戸川室生両氏 温亭・青峰『国民新聞』
    • 「随筆」の創作 創刊された「文壇」 青峰『国民新聞』
    • 宮島氏の二作 並に伊藤、相馬 吉井勇氏等の作 青峰『国民新聞』
    • 一と通りは旨い新進若手諸君 青峰『国民新聞』
    • もぐらの囈言 七月の小説評 藤木義輔『都新聞』
  • 八月
    • 創作月評 読んだもの 七月の諸雑誌 葛西善蔵『随筆』
    • 月評 一人一冊評 渡部倭一・渡辺学・横山祐吉・津村京村・楢崎勤・村上泰二郎・小野金二郎・北村皓三『文壇』
    • 八月の文壇 谷崎精二『読売新聞』
    • 八月々評 堀木克三『時事新報』
    • 「改造」の短編 秋声氏外三氏/広津氏の二作 及び有島氏の小品 青峰『国民新聞』
    • 佳作『私語』及び小剣、犀星等 青峰『国民新聞』
    • 「新潮」の四編『露』其他 青峰『国民新聞』
    • 「随筆」と「文壇」『父の死まで』等/『新小説』の三作『無帽の男』等 青峰『国民新聞』
    • 小粒揃ひの文藝春秋の諸作 青峰『国民新聞』
    • 夏霜枯れ 諸雑誌八月号へでてゐる小説と戯曲の中から 藤沢清造『都新聞』
    • 蟇蹲庵偶語 八月の創作評 中村星湖『万朝報』
    • 新秋文壇を総評す 千葉亀雄『読売新聞』
    • 九月の創作 正宗白鳥『報知新聞』
  • 九月
    • 月評 一人一冊評 井東憲・楢崎勤・武野藤介・横山祐吉・津村京村『文壇』
    • 現代文藝の人生とその描き方 九月雑誌小説評 川端康成『都新聞』
    • 新秋の創作 (無署名)『やまと新聞』
    • 美しく並ぶ流行作家の名 青峰『国民新聞』
    • 中條氏と滝井氏未完の二力作/早稲田文学の三つの作 青峰・(無署名)『国民新聞』
    • 中央公論所載の中島氏と宇野氏 青峰『国民新聞』
    • 九月創作評 片岡鉄兵・石浜金作・金子洋文『万朝報』
  • 十月
    • 九月の脚本を読んで 長与善郎『演劇新潮』
    • 文藝時評 人生の伴侶 田山花袋『新潮』
    • 吉例月評霜枯月 南弥太郎『無名作家』
    • 十月の小説批評 (無署名)『やまと新聞』
    • 月評 十月の文壇 横光利一『読売新聞』
    • 燈火可親 十月号の創作の印象 水守亀之助『時事新報』
    • 藤森成吉氏の『北見』其他/悦田、牧野両氏の新進ぶり 青峰『国民新聞』
    • 『徳人』其他 文章倶楽部と新潮との小説/松翁其他 山本、水木及び伊藤氏等三氏の作 青峰『国民新聞』
    • 創刊雑誌「世紀」と「文藝時代」 青峰『国民新聞』
    • 早稲田文学の小説一瞥 青峰『国民新聞』
    • 細田氏の『風』今野氏の『彼方へ』谷崎氏の『はこべ』/技巧の勝れた新進の三人 青峰『国民新聞』
    • 『曠日』其他小品四種 青峰『国民新聞』
    • 十月の雑誌を読む 相馬泰三『万朝報』
    • 月評 真平御免 井東憲『読売新聞』
  • 十一月
    • 十月戯曲評 川端康成『演劇新潮』
    • 創作月評 月評的閑話 宇野浩二『随筆』
    • 文藝時評 新感覚派の誕生 千葉亀雄『世紀』
    • 十一月の小説短評 (無署名)『やまと新聞』
    • 月評十一月 魔津【ジン】『万朝報』
    • 『愛巻』と『冬眠』の二作/広津、葛西両氏のサワリ 小川氏の詩趣 青峰『国民新聞』
    • 『人世』其他一戯曲一小説/「世紀」創作欄の立派な顔触 青峰『国民新聞』
    • 珍しい生活『蟬』『春の頃』並びに『意気』 青峰『国民新聞』
    • 創作歳暮月旦 武野藤介『万朝報』
  • 十二月
    • 文藝時評 新らしき感覚と生活意欲 豊島与志雄『世紀』
    • 月評 らんどむ・くりちこすDADA 辻潤『読売新聞』
    • 師走の文壇 宇賀生『やまと新聞』
    • 諏訪三郎氏の『応援隊』宇野氏の『街の灯』広津氏の『旧友』/早稲田文学の新進作家 五小説二戯曲 青峰『国民新聞』
    • 加能氏の『小感情』其他三つの短編/室生氏其他 淋しい世紀創作欄 青峰『国民新聞』
    • 細田源吉氏の『村で』文藝春秋の諸作/「新小説」も新進揃ひ 三小説一戯曲 青峰『国民新聞』
    • 本年の小説壇 回顧と期待(上) 石浜金作『東京朝日新聞』
    • 新年号の読物文藝 鈴木氏亨『読売新聞』