サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 導入
    • 1.1.理論的背景と本研究の目的
    • 1.2.否定呼応表現と否定極性項目
    • 1.3.否定呼応表現に関連するこれまでの分析
    • 1.4.本書の方法論と材料
  • 第2章 文否定要素‐naiの構造上の位置
    • 2.1.‐naiの特質
    • 2.2.日本語の否定文の分析
    • 2.3.ここで採る仮定とその結果
    • 2.4.付記1:日本語否定文のもう一つの分析案
    • 2.5.付記2:作用域解釈の容認可能性判断と真理条件
  • 第3章 OS型構文と否定
    • 3.1.OS型構文と二つの構造表示
    • 3.2.Deep DL/Surface DLと否定
    • 3.3.Deep DLの同定方法
    • 3.4.Deep DLと否定
    • 3.5.まとめ
    • 3.6.付記:文の容認性判断による揺れ
  • 第4章 ‐naiにc‐統御されなければならない否定呼応表現:rokuna‐N
    • 4.1.SO型構文におけるrokuna‐Nの分布
    • 4.2.DeepDLになれないrokuna‐N
    • 4.3.rokuna‐N生起の必要条件と分析
    • 4.4.rokuna‐Nの分布への説明
    • 4.5.まとめ
    • 4.6.付記:‐nai複数位置仮説の場合
  • 第5章 ‐naiにc‐統御されない否定呼応表現(Ⅰ):XP‐sika
    • 5.1.XP‐sikaの条件
    • 5.2.XP‐sikaとQPの作用域関係
    • 5.3.XP‐sikaとrokuna‐N
    • 5.4.まとめ
    • 5.5.付記1:XP‐sikaの条件:‐nai複数位置仮説を採った場合
    • 5.6.付記2:XP‐sikaの意味
  • 第6章 ‐naiにc‐統御されない否定呼応表現(Ⅱ):(N‐CM)dare‐mo/nani‐mo
    • 6.1.(N‐CM)dare‐mo/nani‐moの統語的条件
    • 6.2.(N‐CM)dare‐mo/nani‐moとXP‐sika
    • 6.3.まとめ
  • 第7章 結論と日本語文構造についての帰結
    • 7.1.否定呼応表現についての結論と否定文の構造
    • 7.2.OS型構文の構造と派生についての帰結
    • 7.3.動詞のθ領域外にある位置についての帰結
    • 7.4.おわりに