サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

認知行動療法ケースフォーミュレーション入門

認知行動療法ケースフォーミュレーション入門 (臨床心理学レクチャー)

  • マイケル・ブルック(編著)/ フランク・W.ボンド(編著)/ 下山 晴彦(編訳)
  • 第1章 ケースフォーミュレーションの成立と発展
    • 1 診断を超えて
    • 2 ケースフォーミュレーションと臨床心理学の発展
    • 3 ケースフォーミュレーションを臨床現場で活用するために
    • 4 米国におけるケースフォーミュレーションの展開
    • 5 社会的コンテクストに注目するケースフォーミュレーション
    • 6 おわりに
  • 第2章 ケースフォーミュレーションの理論と方法
    • 1 はじめに
    • 2 ケースフォーミュレーションを始めるために
    • 3 第1段階:問題の明確化
    • 4 第2段階:仮説探索
    • 5 第3段階:フォーミュレーション
    • 6 第4段階から第5段階へ:変化の測定
    • 7 クライエントとの協働関係
    • 8 おわりに
  • 第3章 ケースフォーミュレーションの実施過程
    • 1 アセスメントとは
    • 2 ケースフォーミュレーションの手続きの要点
    • 3 事例研究(1):問題のフォーミュレーションの手続き
    • 4 事例研究(2):介入の手続き
    • 5 事例研究(3):介入過程の実際
    • 6 おわりに
  • 第4章 セラピストとクライエントの協働関係を形成する
    • 1 はじめに
    • 2 認知行動療法のセラピスト-クライエント関係の研究展望
    • 3 ケースフォーミュレーション・アプローチにおけるセラピストの関わり方
    • 4 事例研究1:強迫症状を示すクライエント
    • 5 事例研究2:行為障害を示すクライエント
    • 6 おわりに
  • 第5章 問題状況のコンテクストに注目する
    • 1 はじめに
    • 2 困難な問題を抱えた子どもや若者と関わる
    • 3 誰が,子どもの行動を問題であると判断するのか
    • 4 問題のコンテクストに注目して問題を分析する
    • 5 事例研究(1):“問題は何か”を明らかにする
    • 6 事例研究(2):問題が形成され,維持されているメカニズムを探索する
    • 7 事例研究(3):“ケースフォーミュレーション”を提示する
    • 8 事例研究(4):介入仮説に基づいて実際に介入する
    • 9 事例研究(5):介入の効果を評価する
    • 10 中心的テーマ:なぜ,問題が改善しない子どもや若者がいるのか
    • 11 おわりに
  • 第6章 個別状況に介入プログラムを適合させる
    • 1 はじめに
    • 2 マニュアルを事例状況に適合させる必要性
    • 3 マニュアルとケースフォーミュレーションを組み合わせる理由
    • 4 ケースフォーミュレーションを活用してマニュアルを個別状況に適合させる
    • 5 事例研究:暴露反応妨害法マニュアルと強迫性障害
    • 6 ケースフォーミュレーションに基づく介入においてマニュアルを活用する
    • 7 おわりに
  • 第7章 社会構成主義とケースフォーミュレーション
    • 1 はじめに
    • 2 事例研究(1):問題のフォーミュレーション
    • 3 事例研究(2):ケースフォーミュレーションから介入へ
    • 4 事例研究(3):介入から終結に向けて
    • 5 おわりに
  • 第8章 自己マネジメントとケースフォーミュレーション
    • 1 はじめに
    • 2 事例研究(1):ケースフォーミュレーションまで
    • 3 事例研究(2):介入
    • 4 事例研究(3):終結
  • 第9章 論理情動行動療法とケースフォーミュレーション
    • 1 はじめに
    • 2 論理情動行動療法のABCモデル
    • 3 問題のコンテクストでクライエントを理解するための要点
    • 4 事例研究(1):問題のコンテクストでクライエントを理解する
    • 5 事例研究(2):問題のコンテクストでクライエントを理解し,介入方針を立てる
    • 6 おわりに