サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 基礎概念;1因子実験を題材にして
    • 1.1 実験とは
    • 1.2 因果モデルと無作為化の威力
    • 1.3 正しい無作為化実験とは
  • 第2章 目的と計画;組合せ配置を題材にして
    • 2.1 因子と特性値の分類
    • 2.2 2つの制御因子による実験
    • 2.3 枝分れ配置
  • 第3章 データ解析(1);2因子交互作用解析を中心にして
    • 3.1 直交多項式の利用
    • 3.2 交互作用要素
    • 3.3 FANOVAモデルと主成分分析
    • 3.4 多特性解析への応用
  • 第4章 データ解析(2);3因子交互作用解析について
    • 4.1 3因子交互作用の重要性
    • 4.2 3因子交互作用をもつANOVAモデル
    • 4.3 繰返しのない三元配置での3因子交互作用の検定
  • 第5章 変数探索法
    • 5.1 部品探索法
    • 5.2 変数探索法とその数理
    • 5.3 タグチ流の組立品実験計画
  • 第6章 直交表実験をめぐって
    • 6.1 直交表の選択
    • 6.2 推定された線点図の使い方
    • 6.3 殆直交表
  • 第7章 外側配置の威力
    • 7.1 誤差因子の外側配置
    • 7.2 信号因子と誤差因子の外側配置
    • 7.3 2値入出力系の外側配置
    • 7.4 機能窓法
  • 第8章 共変量と中間特性の利用
    • 8.1 因果推論の枠組み
    • 8.2 共分散分析による共変量効果の調整
    • 8.3 中間特性の利用
  • 第9章 データ解析(3);SN比に関する検定
    • 9.1 望目特性のSN比
    • 9.2 量的信号・量的特性の動的SN比
    • 9.3 2値信号・量的特性の動的SN比
    • 9.4 2値入出力系の動的SN比