サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

古代語構文の研究

古代語構文の研究

  • 小田 勝(著)
  • 第一章 不十分終止の句
    • 第一節 問題の所在および本章の目的
    • 第二節 提示句
    • 第三節 提示句の諸相
    • 第四節 挿入句と成分の句化
    • 第五節 句の並立、句の素材化
    • 第六節 本章の結論
  • 第二章 体言および連体形の接続句的用法
    • 第一節 問題の所在および本章の目的
    • 第二節 連体形接続法
    • 第三節 無助詞名詞
    • 第四節 本章の結論
  • 第三章 同格構文
    • 第一節 問題の所在および本章の目的
    • 第二節 いわゆる同格の表現価値
    • 第三節 「の」助詞非表示の同格構文
    • 第四節 同格の「の」助詞
    • 第五節 本章の結論
  • 第四章 係結の違例
    • 第一節 問題の所在および本章の目的
    • 第二節 係助詞に対する過剰な結び
    • 第三節 係助詞に対する結びの流れ
    • 第四節 異なる係結が重出する文
    • 第五節 文末に終助詞を伴う係結
    • 第六節 係結の違例
    • 第七節 本章の結論
  • 第五章 従属句の制約からみた中古助動詞の分類
  • 第六章 古典文における使役文・受身文の格表示