サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

細胞生物学

細胞生物学

  • 永田 和宏(編集)/ 中野 明彦(編集)/ 米田 悦啓(編集)
  • 1.細胞とは何か-起源と多様性
    • 1・1 細胞生物学とは
    • 1・2 生体の階層構造-分子から個体まで
    • 1・3 細胞学の展開
    • 1・4 細胞の誕生
    • 1・5 RNAワールドからDNAワールドへ
    • 1・6 原核生物から真核生物へ
    • 1・7 細胞学から細胞生物学へ:方法論の多様性
  • 2.細胞の膜構造と細胞小器官
    • 2・1 細胞の基本構造-膜と区画
    • 2・2 生体膜の構造と機能
    • 2・3 細胞小器官(オルガネラ)
  • 3.エネルギー変換の仕組み
    • 3・1 動物のエネルギー代謝の概要
    • 3・2 解糖
    • 3・3 ミトコンドリアの構造
    • 3・4 アセチルCoAの生成とクエン酸回路
    • 3・5 電子伝達系
    • 3・6 酸化的リン酸化
    • 3・7 ミトコンドリアDNA
    • 3・8 葉緑体と光合成
  • 4.核と遺伝情報
    • 4・1 核の構造
    • 4・2 遺伝情報
  • 5.DNAからRNAへ
    • 5・1 転写
    • 5・2 原核生物のRNAポリメラーゼ
    • 5・3 真核生物のRNAポリメラーゼ
    • 5・4 転写調節
    • 5・5 RNAの転写後修飾
  • 6.タンパク質の誕生から死まで
    • 6・1 翻訳
    • 6・2 翻訳後修飾
    • 6・3 フォールディング
    • 6・4 タンパク質品質管理
    • 6・5 タンパク質の分解
  • 7.タンパク質の細胞内輸送と局在化
    • 7・1 タンパク質の機能発現と細胞内局在化
    • 7・2 小胞体の膜透過
    • 7・3 オルガネラ(細胞小器官)間輸送-メンブレントラフィック
    • 7・4 複膜系細胞小器官への選別輸送
    • 7・5 ペルオキシソームへの輸送
  • 8.細胞骨格と細胞運動
    • 8・1 細胞骨格
    • 8・2 モータータンパク質
    • 8・3 細胞の運動
  • 9.シグナル伝達の原理と多様性
    • 9・1 細胞間・細胞内のシグナル伝達
    • 9・2 リガンド
    • 9・3 細胞膜表面に存在する受容体の種類
    • 9・4 シグナル伝達の原理-細胞内の情報伝達
    • 9・5 代表的な細胞膜からのシグナル伝達経路
    • 9・6 おわりに
  • 10.細胞周期と細胞分裂
    • 10・1 細胞周期とは何か
    • 10・2 細胞周期エンジン
    • 10・3 細胞周期エンジンの動く仕組み
    • 10・4 細胞周期のブレーキ
    • 10・5 細胞周期依存的な発現制御
    • 10・6 細胞周期依存的な分解
    • 10・7 細胞周期チェックポイント制御
    • 10・8 染色体分配と細胞分裂
    • 10・9 紡錘体形成チェックポイント
    • 10・10 生殖細胞の形成
  • 11.細胞外マトリックスと細胞間コミュニケーション
    • 11・1 細胞-細胞間結合と細胞-細胞外マトリックス間結合
    • 11・2 細胞接着タンパク質
    • 11・3 細胞外マトリックス
    • 11・4 インテグリン
    • 11・5 植物の細胞間コミュニケーション
  • 12.生殖と発生・細胞分化
    • 12・1 キメラとクローン
    • 12・2 生殖と発生における母性と父性
    • 12・3 胚発生を調節する基本機構
    • 12・4 細胞分化のための遺伝子発現制御
  • 13.細胞死
    • 13・1 細胞の死
    • 13・2 アポトーシスとネクローシス
    • 13・3 アポトーシスのシグナル伝達
    • 13・4 死細胞の貪食と分解
    • 13・5 おわりに
  • 14.がんの細胞生物学
    • 14・1 がんとは何か
    • 14・2 がん遺伝子
    • 14・3 がん抑制遺伝子
    • 14・4 がんの悪性進行(プログレッション)
    • 14・5 がんと遺伝子変異
  • 15.サイトカインと免疫の細胞生物学
    • 15・1 免疫反応にかかわる細胞群
    • 15・2 免疫系をつかさどる免疫組織とその間の細胞交通
    • 15・3 サイトカイン,ケモカインとその機能的役割
  • 16.脳と神経の細胞生物学
    • 16・1 神経系の構成要素
    • 16・2 シナプスと神経伝達
    • 16・3 脳と神経の発生と大まかな構成
    • 16・4 機能系と神経回路
    • 16・5 神経系で何がわかっていないのか?
  • 17.モデル微生物とモデル植物の細胞生物学
    • 17・1 細菌の細胞生物学
    • 17・2 酵母の細胞生物学
    • 17・3 細胞性粘菌の細胞生物学
    • 17・4 その他の真核微生物の細胞生物学
    • 17・5 植物の細胞生物学
  • 18.モデル動物とヒトの細胞生物学
    • 18・1 線虫(Caenorhabditis)
    • 18・2 ショウジョウバエ(Drosophila)
    • 18・3 アフリカツメガエル(Xenopus)
    • 18・4 小型魚類
    • 18・5 マウス
    • 18・6 ヒト遺伝病
    • 18・7 ヒトゲノム解析
    • 18・8 疾患モデル
  • 19.分子細胞生物学の研究手法・技術
    • 19・1 遺伝子工学的な手法・技術
    • 19・2 タンパク質の研究手法・技術
    • 19・3 細胞内生命現象の可視化と顕微鏡技術
  • 参考図書
  • 索引