サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 第1章 “個人主義・集団主義”の何が問題か
    • 1.1.“個人主義・集団主義”概念とは
    • 1.2.中心的な研究者とその理論
    • 1.3.“個人主義・集団主義”の問題点
    • 1.4.本研究の目的
    • 1.5.本書の構成
  • 第2章 大学生による自己-他者間の葛藤の調整
    • 2.1.大学生はどのように自己と他者の葛藤を調整するか?
    • 2.2.面接法による調整プロセスの検討
    • 2.3.質問紙法による再検討
    • 2.4.本章のまとめと考察
  • 第3章 高齢者による自己-他者間の葛藤の調整
    • 3.1.高齢者はどのように自己と他者の葛藤を調整するか?
    • 3.2.面接による調整プロセスの検討
    • 3.3.本章のまとめと考察
  • 第4章 大学生と高齢者における共通性と差異
    • 4.1.なぜ大学生と高齢者なのか?
    • 4.2.大学生と高齢者の間接的な比較
    • 4.3.本章のまとめと考察
  • 第5章 自己-他者間の葛藤の調整についての表象
    • 5.1.葛藤の調整を規定する文化とは何か?
    • 5.2.内在化された文化を捉える試み
    • 5.3.本章のまとめと考察
  • 第6章 表象と行動との関連
    • 6.1.表象は葛藤の調整にどのように関わるか?
    • 6.2.大学生と高齢者の男女における表象の検討
    • 6.3.表象と行動との関連の検討
    • 6.4.本章のまとめと考察
  • 第7章 総括的討論
    • 7.1.本研究の結論
    • 7.2.本研究の意義
    • 7.3.今後の課題