サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 第一章 十九世紀ロシア文学の中の『猟人日記』
    • 第一節 『猟人日記』の成立時期
    • 第二節 リアリズム作品としての『猟人日記』
    • 第三節 ツルゲーネフにおける自然描写の特異性
  • 第二章 二葉亭四迷と嵯峨の屋おむろ
    • 第一節 二葉亭四迷と嵯峨の屋おむろ
    • 第二節 二葉亭と嵯峨の屋が受けたロシア語教育
    • 第三節 日本における『猟人日記』翻訳
  • 第三章 二葉亭四迷とツルゲーネフ
    • 第一節 二葉亭が使用した底本について
    • 第二節 「あひヾき」初訳における言語的特質
    • 第三節 改訳で変化したもの
    • 第四節 「あひヾき」の翻訳時期-「めぐりあひ」との比較において-
    • 第五節 二葉亭はなぜ「あひヾき」を翻訳したか
  • 第四章 嵯峨の屋おむろとツルゲーネフ
    • 第一節 嵯峨の屋作品書誌
    • 第二節 嵯峨の屋の初期作品に見られるツルゲーネフの影響
    • 第三節 嵯峨の屋が使用した底本
    • 第四節 嵯峨の屋の翻訳態度
    • 第五節 「山番」の分析
  • 第五章 二葉亭と嵯峨の屋が残した影響-自然主義作家と『猟人日記』-
    • 第一節 自然主義が受容したもの-島崎藤村『千曲川のスケッチ』を通して-
  • 終章 日本近代文学と『猟人日記』
    • 第一節 二葉亭と嵯峨の屋は『猟人日記』受容をどのように方向づけたか
    • 第二節 なぜツルゲーネフであったのか-ツルゲーネフ文学に対する評価-
    • 第三節 結び