サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第一章 カントを読むということ、カントを書くということ
    • (1)「読書革命」-近代の著者・読者の確立、および著者・読者のコミュニケーションの確立
    • (2)カントと著者・読者のコミュニケーション
    • (3)ここでカントを読むということ、書くということ
  • 第二章 身体というテクスト
    • (1)近代の読書コミユニケーションと身体-読書する身体の消失とその再登場
    • (2)身体とコミュニケーションをテクストに載せる
    • (3)身体にテクストを書き込んでいく
    • (4)テクストの限界における身体とコミュニケーション
    • (5)一八世紀後半ドイツにおける身体-カント思想における身体
  • 第三章 『純粋理性批判』
    • (1)主体の自己言及によって成立する理性・自己・私・人間
    • (2)理性を読む理性-どこまでも続く自己言及
    • (3)純粋理性の二律背反
    • (4)読者との抗争
    • (5)身体をめぐる言説-直観、感性、感官
    • (6)身体はどこに
  • 第四章 『人間学』
    • (1)失われた「手ざわり」を求めて
    • (2)身体の「手ざわり」
    • (3)コミュニケーションの「手ざわり」
    • (4)法と情念の狭間で
  • Intermezzo-補章 完全な「人間」の書き込み
    • (1)「人間」というテクスト/テクストとしての「人間」
    • (2)フーコー「経験的=超越論的二重体」、あるいは「人間」のテーマパーク
    • (3)「人間の死」?
    • (4)フーコーの悪夢・カントの発作
    • (5)近代の擬態/擬態の近代
  • 第五章 『判断力批判』
    • (1)混乱した著作をめぐって
    • (2)「間」にあるもの・領域をもたないもの・限定されざるもの
    • (3)混乱の中での合致・調和・一致・適合・合目的性
    • (4)「はさみ」こむ手さばき/「はさみ」こまれる手さばき
    • (5)「…なしに」-美と合目的性をめぐって
    • (6)趣味の二律背反-「趣味判断は概念に基づく/基づかない」
    • (7)共通感官・趣味=味覚・感情=触感-身体的なるものをめぐって
    • (8)「人間」のテクストをなぞる美のディスクール