サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

労働者代表法制に関する研究

労働者代表法制に関する研究 (神戸法学双書)

  • 大内 伸哉(著)/ 神戸大学研究双書刊行会(編)
  • 第1章 前提的考察
    • 第1節 労働者保護システム
    • 第2節 労働者保護システムにおける労働保護法制と労働者代表法制
  • 第2章 労働者代表法制における労働組合
    • 第1節 憲法上の労働組合中心主義
    • 第2節 労働者代表としての労働組合の現状
    • 第3節 労働組合と他の労働者代表との関係
    • 第4節 労働組合の限界と従業員代表の必要性
    • 第5節 労働組合の制度的機能
    • 第6節 小括
  • 第3章 労働者代表法制のあり方
    • 第1節 労働組合と従業員代表の関係
    • 第2節 従業員代表に関するこれまでの立法論
    • 第3節 従業員代表立法化論の適否
    • 第4節 小括
  • 第4章 現行法下における労働組合による労働者代表
    • 第1節 前提的考察
    • 第2節 ユニオン・ショップ協定の有効性
    • 第3節 ユニオン・ショップと労働団体法理
    • 第4節 小括
  • 第5章 労働条件決定プロセスにおける労働者代表の関与
    • 第1節 はじめに
    • 第2節 労働条件決定プロセスにおける過半数代表のあり方
    • 第3節 労働者代表と経営参加
  • 第6章 管理職による組合結成の可能性
    • 第1節 問題の所在
    • 第2節 労組法2条(労働組合の自主性要件)の検討
    • 第3節 各論的問題
    • 第4節 小括
  • 第7章 まとめ
    • 第1節 本書での考察結果
    • 第2節 労働者代表法制の課題と展望