サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

無機化学

無機化学 (理工系基礎レクチャー)

  • 鵜沼 英郎(著)/ 尾形 健明(著)
  • 第1章 原子の構造と電子配置
    • 1.1 原子と元素
    • 1.2 原子核
    • 1.3 電子の軌道と量子数
    • 1.4 電子配置のルール
    • 1.5 元素とイオンの電子配置
  • 第2章 元素の一般的性質と周期性
    • 2.1 遮蔽と有効核電荷
    • 2.2 スレーターの規則
    • 2.3 原子およびイオンの大きさ
    • 2.4 イオン化エネルギー
    • 2.5 電子親和力
    • 2.6 電気陰性度
  • 第3章 化学結合
    • 3.1 化学結合の種類
    • 3.2 分子軌道に基づく共有結合の考え方
    • 3.3 簡単な等核二原子分子の分子軌道
  • 第4章 酸と塩基
    • 4.1 酸と塩基の定義
    • 4.2 ブレンステッド酸および塩基の強弱に影響する因子
    • 4.3 ルイス酸および塩基の硬さ・軟らかさ
  • 第5章 酸化と還元
    • 5.1 イオン化傾向の定量的表現-標準酸化還元電位-
    • 5.2 ネルンストの式
    • 5.3 標準酸化還元電位と自由エネルギー変化との関係
  • 第6章 17族元素
    • 6.1 単体の性質
    • 6.2 ハロゲン化水素
    • 6.3 ハロゲン間化合物
    • 6.4 酸化物とオキソ酸
  • 第7章 16族元素
    • 7.1 単体の性質
    • 7.2 水素との化合物
    • 7.3 ハロゲン化物
    • 7.4 酸化物とオキソ酸
  • 第8章 15族元素
    • 8.1 単体の性質
    • 8.2 水素との化合物
    • 8.3 酸化物とオキソ酸
    • 8.4 ハロゲン化物
  • 第9章 14族元素
    • 9.1 単体の性質
    • 9.2 水素との化合物
    • 9.3 ハロゲン化物
    • 9.4 酸化物
    • 9.5 炭化物および,その他の化合物
  • 第10章 13族元素
    • 10.1 単体の性質
    • 10.2 水素,ハロゲン,酸素との化合物
    • 10.3 ホウ化物
  • 第11章 1族元素と2族元素
    • 11.1 単体の性質
    • 11.2 化学的性質
  • 第12章 水素と希ガス
    • 12.1 水素
    • 12.2 希ガス
  • 第13章 固体の構造と格子エネルギー
    • 13.1 固体の結晶構造
    • 13.2 格子エネルギー
  • 第14章 錯体化学の基礎
    • 14.1 錯体とは
    • 14.2 ウェルナーの配位説
    • 14.3 配位子の種類
    • 14.4 錯体の立体構造
    • 14.5 錯体の結合-配位結合-
    • 14.6 錯体の化学式の書き方
    • 14.7 錯体の名称のつけ方
  • 第15章 異性現象
    • 15.1 異性体
    • 15.2 ウェルナーによる錯体の立体構造の絶対証明
  • 第16章 d軌道
    • 16.1 d軌道の方向性
    • 16.2 d軌道の分裂
    • 16.3 高スピン型錯体と低スピン型錯体
  • 第17章 錯体の物理的性質
    • 17.1 錯体の磁性
    • 17.2 錯体の色
  • 第18章 錯体の安定度
    • 18.1 安定度定数
    • 18.2 安定度を支配する因子
  • 第19章 錯体の反応
    • 19.1 配位子置換反応
    • 19.2 電子移動反応
  • 第20章 有機金属錯体
    • 20.1 金属カルボニル錯体
    • 20.2 オレフィン錯体
    • 20.3 逆供与
  • 補遺A 有効数字
    • A.1 物理量と測定値
    • A.2 有効数字と絶対数
    • A.3 有効数字の全桁数の数え方と表し方
    • A.4 数値の丸め方
    • A.5 測定値の加減算
    • A.6 測定値の乗除算
    • A.7 計算に必要な定数の桁
  • 補遺B 濃度の表し方と慣例的な単位
    • B.1 濃度の表し方
    • B.2 慣例的な単位に関する注意
    • B.3 水素イオン濃度とpH
  • 補遺C 酸化数
    • C.1 酸化数とは
    • C.2 酸化数の決め方
  • 補遺D 無機化合物の命名法
    • D.1 命名法について
    • D.2 イオンの名称
    • D.3 化合物の名称
  • 補遺E 化学反応式の立て方
    • E.1 基本的な方法
    • E.2 より複雑な場合の方法