サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

生化学 第2版

生化学 第2版

  • 鈴木 紘一(編)/ 石浦 章一(ほか著)
  • 第1章 序
    • 1・1 生化学とは何か
    • 1・2 生命
    • 1・3 細胞
    • 1・4 単細胞から多細胞へ
    • 1・5 生命体を構成する分子
    • 1・6 水
    • 1・7 酸,塩基,pH
    • 1・8 緩衝作用
  • 第2章 生体物質
    • 2・1 糖質
    • 2・2 脂質
    • 2・3 アミノ酸とタンパク質
    • 2・4 核酸
    • 2・5 ビタミンと補酵素
    • 2・6 ホルモン
    • 2・7 無機質
  • 第3章 タンパク質
    • 3・1 タンパク質の多様性
    • 3・2 タンパク質の構造と機能
    • 3・3 タンパク質のフォールディング
    • 3・4 タンパク質の機能と制御
    • 3・5 タンパク質の寿命と分解
  • 第4章 酵素・酵素反応
    • 4・1 酵素反応の特異性
    • 4・2 酵素反応速度論
    • 4・3 酵素反応の阻害
    • 4・4 酵素活性の調節
  • 第5章 代謝とエネルギー
    • 5・1 代謝とは
    • 5・2 解糖
    • 5・3 クエン酸回路
    • 5・4 呼吸鎖と酸化的リン酸化
    • 5・5 糖代謝の別経路
    • 5・6 脂質代謝
    • 5・7 光合成
    • 5・8 窒素代謝
    • 5・9 ヌクレオチド代謝
    • 5・10 エネルギー代謝
  • 第6章 遺伝情報の成り立ちと機能
    • 6・1 遺伝情報としてのDNA
    • 6・2 DNAの構造-遺伝する仕組み
    • 6・3 情報としてのDNA-DNAの情報はRNAに転写されて機能する
    • 6・4 DNAの複製
    • 6・5 DNAの修復
    • 6・6 核外DNAと動く遺伝子・ウイルス
    • 6・7 転写とその調節
    • 6・8 翻訳
    • 6・9 翻訳後修飾とタンパク質の局在化
    • 6・10 遺伝情報の複製・発現の阻害剤と薬
    • 6・11 まとめ
  • 第7章 組換えDNA技術とその利用
    • 7・1 組換えDNAに用いる酵素
    • 7・2 DNAライブラリーとDNAのクローニング
    • 7・3 塩基配列決定法
    • 7・4 ハイブリッド形成を利用したDNAとRNAの塩基配列の検出
    • 7・5 PCR
    • 7・6 組換えタンパク質
    • 7・7 細胞の遺伝子操作
    • 7・8 個体の遺伝子操作
  • 第8章 細胞の構造と機能
    • 8・1 生体膜
    • 8・2 細胞骨格
    • 8・3 細胞運動
    • 8・4 膜系細胞小器官
    • 8・5 細胞周期
  • 第9章 シグナル伝達
    • 9・1 シグナル伝達とそのロジック
    • 9・2 受容体とその活性化機構
    • 9・3 細胞内シグナル伝達経路とシグナル伝達分子
    • 9・4 シグナル伝達経路の調節機構
  • 第10章 ヒトの遺伝性疾患と生化学
    • 10・1 優性遺伝・劣性遺伝
    • 10・2 ヒトの遺伝子多型と薬物代謝
    • 10・3 遺伝性疾患の例