サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

  • 第1章 ウォーミングアップ
    • 1.1 状態と変化
    • 1.2 物質を特徴付ける量
    • 1.3 熱力学的な物質観
    • 1.4 移動現象論の登場
    • 1.5 物理量
    • 1.6 問題
  • 第2章 熱力学第一法則
    • 2.1 温度と熱
    • 2.2 内部エネルギーとエンタルピー
    • 2.3 比熱
    • 2.4 理想気体の体積変化
    • 2.5 統計力学による内部エネルギー(その1)
    • 2.6 問題
  • 第3章 熱力学第二法則
    • 3.1 Carnotサイクル
    • 3.2 エントロピー
    • 3.3 自由エネルギー
    • 3.4 統計力学的エントロピー
    • 3.5 問題
  • 第4章 状態の分布
    • 4.1 分布
    • 4.2 エントロピー最大の原理とBoltzmann分布
    • 4.3 分子速度についてのMaxwell‐Boltzmann分布
    • 4.4 量子論的な分布
    • 4.5 問題
  • 第5章 相と平衡
    • 5.1 相
    • 5.2 相平衡と化学ポテンシャル
    • 5.3 化学ポテンシャルによる相平衡の記述
    • 5.4 2成分系の化学ポテンシャル
    • 5.5 希薄溶液
    • 5.6 現実の2成分系
    • 5.7 統計力学による化学ポテンシャル
    • 5.8 問題
  • 第6章 化学平衡と反応速度
    • 6.1 化学平衡と自由エネルギー
    • 6.2 平衡定数
    • 6.3 化学平衡からのずれと変化の方向
    • 6.4 反応速度:変化の速さ
    • 6.5 電池:化学平衡と反応速度
    • 6.6 統計力学による平衡定数(1)
    • 6.7 問題
  • 第7章 分子の振る舞い
    • 7.1 分子はどう構成されているか
    • 7.2 2原子分子の分配関数
    • 7.3 2原子分子のモル定積比熱
    • 7.4 自由度へのエネルギー分配
    • 7.5 統計力学による平衡定数(2)
    • 7.6 固体比熱のEinsteinモデルとDebyeモデル
    • 7.7 問題
  • 第8章 平衡から非平衡へ:移動現象論への展開
    • 8.1 移動現象
    • 8.2 フラックス
    • 8.3 定常状態と過渡現象
    • 8.4 コンダクタンスと抵抗
    • 8.5 問題
  • 第9章 低圧気体の科学と工学
    • 9.1 理想気体
    • 9.2 現実の気体
    • 9.3 平均自由行程と衝突頻度
    • 9.4 分子間ポテンシャル
    • 9.5 真空と排気
    • 9.6 問題
  • 第10章 エネルギーの移動
    • 10.1 エネルギー移動の形態
    • 10.2 一次元の熱伝導
    • 10.3 多層系の熱伝導
    • 10.4 気体分子運動論による気体の熱伝導度
    • 10.5 熱放射によるエネルギー移動
    • 10.6 多孔質材料の熱伝導
    • 10.7 問題
  • 第11章 物質の移動1.拡散
    • 11.1 Fickの法則と拡散係数
    • 11.2 拡散はいかにして起きるか
    • 11.3 さまざまな拡散現象
    • 11.4 気体分子運動論による気体の拡散
    • 11.5 ちょっと変わった物質移動
    • 11.6 問題
  • 第12章 物質の移動2.荷電粒子の移動現象
    • 12.1 電気が流れるということは
    • 12.2 媒質中における荷電粒子の移動
    • 12.3 電解質溶液におけるイオン伝導
    • 12.4 半導体における電気伝導
    • 12.5 問題
  • 第13章 運動量の移動
    • 13.1 粘性
    • 13.2 非Newton流体とレオロジー
    • 13.3 気体分子運動論による気体の粘性
    • 13.4 Eyringの液体粘性理論
    • 13.5 パイプ内の粘性流における速度分布
    • 13.6 球のまわりの粘性流
    • 13.7 問題
  • 第14章 流れ
    • 14.1 流れによる移動現象
    • 14.2 流体の基本方程式
    • 14.3 理想流体
    • 14.4 粘性流体
    • 14.5 エネルギー移動
    • 14.6 問題
  • 第15章 移動現象各論1.分離と精製
    • 15.1 ガスクロマトグラフィー
    • 15.2 電気泳動
    • 15.3 遠心分離
    • 15.4 溶融帯域精製法
  • 第16章 移動現象各論2.物質の視点から
    • 16.1 移動現象を担うさまざまな物質
    • 16.2 粉体
    • 16.3 泡とキャビテーション
  • 第17章 補足説明
    • 17.1 データ処理
    • 17.2 数学の補足
    • 17.3 物理の補足
  • 第18章 解答例
    • 18.1 ウォーミングアップ
    • 18.2 熱力学第一法則
    • 18.3 熱力学第二法則
    • 18.4 状態の分布
    • 18.5 相と平衡
    • 18.6 化学平衡と反応速度
    • 18.7 分子の振る舞い
    • 18.8 平衡から非平衡へ:移動現象論への展開
    • 18.9 低圧気体の科学と工学
    • 18.10 エネルギー移動
    • 18.11 物質の移動1.拡散
    • 18.12 物質の移動2.荷電粒子の移動現象
    • 18.13 運動量の移動
    • 18.14 流れ