サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

財務会計論 改訂版 基礎編

財務会計論 改訂版 基礎編

  • 石川 鉄郎(著)
  • 第1章 会計と会計学
    • 第1節 会計とは何か
    • 第2節 会計実体に基づく会計の分類
    • 第3節 企業会計の基本的システム
    • 第4節 会計情報の利用と企業会計の2つの領域
    • 第5節 会計学の学問領域
  • 第2章 企業の種類と財務会計の役割
    • 第1節 企業の基本的な形態
    • 第2節 会社の種類
    • 第3節 企業の種類と異同点(まとめ)
    • 第4節 株式会社の類型
    • 第5節 株式会社における財務会計の役割
    • 第6節 会計情報の有用性
  • 第3章 会計理論と会計公準
    • 第1節 会計理論とは何か
    • 第2節 会計理論はなぜ必要なのか
    • 第3節 会計理論の正しさはどのように判定されるのか
    • 第4節 会計理論の基礎構造としての会計公準
    • 第5節 会計実体の公準
    • 第6節 会計期間の公準
    • 第7節 貨幣的測定の公準
    • 第8節 技術的な会計公準と理論的な会計公準
    • 第9節 会計主体論
    • 第10節 継続企業の公準
    • 第11節 貨幣価値の公準
  • 第4章 財務会計の制度と会計基準
    • 第1節 会社法会計の概要
    • 第2節 金融商品取引法会計の概要
    • 第3節 会計基準
    • 第4節 企業会計原則
    • 第5節 一般原則
    • 第6節 概念フレームワーク
  • 第5章 損益計算の基本原理
    • 第1節 損益計算の方法
    • 第2節 損益計算の要素を定義するためのアプローチ
    • 第3節 資本取引と損益取引の区別
    • 第4節 収益の定義と分類
    • 第5節 費用の定義と分類
    • 第6節 費用収益対応の原則
    • 第7節 収益および費用の認識
    • 第8節 収益および費用の測定
  • 第6章 実現主義の適用と拡大
    • 第1節 実現主義と販売基準
    • 第2節 委託販売
    • 第3節 試用販売
    • 第4節 予約販売
    • 第5節 割賦販売
    • 第6節 内部利益
    • 第7節 収益認識基準の拡大
    • 第8節 継続的な役務提供契約
    • 第9節 長期請負工事
    • 第10節 農産物および鉱物資源
    • 第11節 実現主義の例外としての実現可能基準
  • 第7章 損益計算書の本質と表示
    • 第1節 損益計算書とは何か
    • 第2節 当期業績主義と包括主義
    • 第3節 損益計算書における損益計算の区分
    • 第4節 営業損益計算の区分
    • 第5節 経常損益計算の区分
    • 第6節 純損益計算の区分
    • 第7節 総額表示の原則
  • 第8章 貸借対照表の本質と表示
    • 第1節 貸借対照表とは何か
    • 第2節 財政状態の意味
    • 第3節 貸借対照表の基本等式
    • 第4節 貸借対照表の作成方法
    • 第5節 静的貸借対照表観と動的貸借対照表観
    • 第6節 貸借対照表の表示に関する基本原則
    • 第7節 貸借対照表の表示区分
  • 第9章 資産の会計
    • 第1節 資産の定義
    • 第2節 資産の分類
    • 第3節 資産評価の問題
    • 第4節 現行の企業会計における資産の評価
    • 第5節 資産の評価をめぐる論争
  • 第10章 金融資産
    • 第1節 総論
    • 第2節 現金
    • 第3節 預金
    • 第4節 金銭債権
    • 第5節 有価証券
    • 第6節 デリバティブ取引により生ずる正味の債権および債務
  • 第11章 棚卸資産
    • 第1節 棚卸資産の意義と範囲
    • 第2節 棚卸資産の取得原価
    • 第3節 棚卸資産の費用配分
    • 第4節 棚卸資産の決算処理
    • 第5節 トレーディング目的で保有する棚卸資産の決算処理
  • 第12章 固定資産
    • 第1節 固定資産の意義と分類
    • 第2節 有形固定資産の内容
    • 第3節 有形固定資産の取得原価
    • 第4節 建設中の有形固定資産
    • 第5節 資本的支出と収益的支出
    • 第6節 有形固定資産の減価償却
    • 第7節 取替法
    • 第8節 減耗償却
    • 第9節 固定資産の減損会計
    • 第10節 有形固定資産の売却および除却
    • 第11節 無形固定資産
    • 第12節 投資その他の資産
  • 第13章 繰延資産
    • 第1節 総論
    • 第2節 繰延資産の内容
    • 第3節 創立費
    • 第4節 開業費
    • 第5節 株式交付費
    • 第6節 社債発行費
    • 第7節 開発費
    • 第8節 臨時巨額の損失の繰延
  • 第14章 負債の会計
    • 第1節 負債の定義
    • 第2節 負債の分類
    • 第3節 金融負債
    • 第4節 社債
    • 第5節 引当金
  • 第15章 純資産の会計
    • 第1節 純資産と資本
    • 第2節 純資産項目の分類
    • 第3節 資本金
    • 第4節 資本剰余金
    • 第5節 利益剰余金
    • 第6節 自己株式
    • 第7節 剰余金の配当と分配可能額
    • 第8節 評価・換算差額等
    • 第9節 新株予約権
    • 第10節 株主資本等変動計算書