サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

目次

カウンセリング心理学

カウンセリング心理学

  • ジェルソー,C.J.(著)/ フリッツ,B.R.(著)/ 清水 里美(訳)
  • 第1章 カウンセリング心理学とは
    • 1.カウンセリング心理学の奮闘,発展,多様性
    • 2.カウンセリング心理学の特徴
    • 3.トレーニング,職務状況,活動
    • 4.カウンセリング心理学と他の専門領域:共通点と相違点
  • 第2章 専門職分野としてのカウンセリング心理学の発展
    • 1.5つの統一テーマの起源
    • 2.時代の到来:専門職分野としての発展段階
    • 3.21世紀への継続と変化
  • 第3章 カウンセリング心理学における研究と科学
    • 1.「科学者でもある実践家」モデルにおける「科学者」とは何を意味するのか
    • 2.研究スタイル:研究のための類型論
    • 3.カウンセリング心理学における介入のプロセスと結果
    • 4.気泡仮説と臨床的関連性の追求
  • 第4章 現代社会の変化と心理専門職
    • 1.ヘルスケア産業の発展
    • 2.人口統計上の変化:新たな可能性
    • 3.博士課程修了後の教育および資格取得のための発展と科学技術
  • 第5章 サイコロジストとしての倫理
    • 1.倫理に関する議論の発展
    • 2.倫理トレーニング
    • 3.倫理基準と非倫理的な行動の例
    • 4.倫理的ジレンマ
    • 5.倫理的な決断の実行
  • 第6章 社会の文化的多様性とカウンセリング心理学
    • 1.特別な関心から第4の勢力への移行
    • 2.いくつかの定義:現在進行中の論争
    • 3.カウンセラーの自己理解
    • 4.クライエントの文化についての理解
    • 5.多文化カウンセリング技能の向上
    • 6.文化的に多様なクライエントのための介入方略の改善
  • 第7章 カウンセリングサイコロジストになるために
    • 1.カウンセリングサイコロジストをめざす人のために
    • 2.専門家としての発展と大学院
    • 3.大学院での在学期間:専門家としての発展の機会
    • 4.学位取得後の最初の選択と専門家としての発展
    • 5.キャリアの確立
  • 第8章 治療関係
    • 1.治療関係の重要性
    • 2.治療関係の定義
    • 3.治療関係の構成要素
    • 4.カウンセリング関係と促進条件
    • 5.カウンセリング関係の構成要素,促進条件,および治療プロセス
  • 第9章 クライエントへのカウンセラーの応答:カウンセリングの戦術と技法
    • 1.カウンセリング技法のレベル
  • 第10章 精神分析的アプローチ
    • 1.初期のフロイト派と精神分析の始まり
    • 2.精神分析的介入:いくつかの重要な特徴
    • 3.精神分析派の4つの心理学
    • 4.精神分析的アプローチにおける共通要素
    • 5.時間制限心理療法(TLP):カウンセリングサイコロジストのための一つのアプローチ
    • 6.精神分析的アプローチの展望
  • 第11章 行動主義的アプローチと認知的アプローチ
    • 1.歴史的概観
    • 2.行動療法と認知療法における基本的アプローチと仮定
    • 3.行動主義的アプローチと認知的アプローチの方法と手続き
    • 4.カウンセリングにおける2つの主要な認知的アプローチ
    • 5.行動主義的アプローチと認知的アプローチの将来
  • 第12章 第3勢力:人間性・体験的アプローチ
    • 1.人間,カウンセリングおよび科学に関する人間性アプローチの仮定
    • 2.ロジャーズのパーソンセンタード・アプローチ
    • 3.パールズとゲシュタルト療法
  • 第13章 新しい時代におけるアセスメントの科学と実践
    • 1.アセスメント:心理学の絶滅種か不死鳥か
    • 2.アセスメント:心理検査以上のもの
    • 3.あらゆるアセスメント技法のための基準
    • 4.心理検査
    • 5.アセスメントの使用:産業化されたヘルスケアの課題への対応
    • 6.心理アセスメントにおける臨床的判断
    • 7.アセスメントの結果の伝達
    • 8.倫理的問題:コンピュータの利用による影響
  • 第14章 キャリア心理学:画期的出来事と最前線
    • 1.キャリア選択とキャリア発達に関する理論の進展
    • 2.21世紀の最前線:パラダイムの移行と拡張
  • 第15章 キャリアカウンセリングとキャリア介入
    • 1.キャリアの破滅の宣告は単なる誇張表現にすぎないか
    • 2.介入の多様性
    • 3.キャリア介入:3つの具体例
    • 4.キャリア介入のプロセスと結果に関する研究
    • 5.決断力の欠如:最大の難題
    • 6.キャリア介入の市場の発展と新分野
    • 7.キャリア介入者としてのカウンセリングサイコロジストのトレーニング
  • 第16章 治療的グループワーク:一つの確立された形式
    • 1.利点と限界
    • 2.治療的グループワーク:定義,タイプ,背景
    • 3.グループリーダーの役割:アプローチ,課題,特性
    • 4.グループワークに対するリーダーの理論的志向
    • 5.治療的グループの段階
    • 6.グループワークにおける治療的要因
    • 7.治療的グループワークにおける倫理問題
    • 8.治療的グループワークの今後
  • 第17章 作動するシステム家族とカップルへの介入
    • 1.家族への介入の始まり
    • 2.家族療法とカップル療法の重要な仮定と概念:システム理論
    • 3.家族とカップルの治療に対する古典的な理論的アプローチ
    • 4.家族カップル療法の今後
  • 第18章 予防的介入と教育的発達的介入
    • 1.重複した種々の用語の定義:歴史的文脈と進展
    • 2.カウンセリングの36の側面:古典的モデル
    • 3.構成的グループ
    • 4.心理教育
    • 5.健康心理学
    • 6.予防的介入のためのカウンセリング心理学のトレーニング
    • 7.「科学者でもある実践家」モデルと予防的介入
  • 第19章 コンサルテーション:他者に力を与える
    • 1.コンサルテーションの定義
    • 2.コンサルテーションの価値
    • 3.コンサルテーションのタイプ
    • 4.コンサルテーションの段階とプロセス
    • 5.コンサルタントの特徴と技能:カウンセリングサイコロジストの真髄
    • 6.効果的なコンサルテーションの阻害要因
    • 7.コンサルティングにおける多文化対応能力
    • 8.コンサルティングに特有の倫理的問題
    • 9.望ましい介入としてのコンサルティング