サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

  • 第1章 刑事弁護士倫理とは何か
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 刑事弁護と弁護士倫理
  • 第2章 弁護人の誠実義務と真実義務
    • Ⅰ 弁護人の任務-誠実義務
    • Ⅱ 弁護人の真実義務
    • Ⅲ 弁護人の誠実義務と真実義務
    • Ⅳ 小括
  • 第3章 捜査弁護の技術と倫理
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 捜査における弁護人の役割
    • Ⅲ 接見の技術
    • Ⅳ 黙秘権の行使
    • Ⅴ 共犯事件の弁護
  • 第4章 公判弁護の技術と倫理
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 捜査弁護と公判弁護
    • Ⅲ 公判準備
    • Ⅳ 公判
    • Ⅴ 証人尋問
    • Ⅵ 弁護側立証
    • Ⅶ 弁論
  • 第5章 上訴弁護の技術と倫理
    • Ⅰ 上訴審の構造と上訴弁護
    • Ⅱ 上訴の申立て
    • Ⅲ 上訴趣意書の作成
    • Ⅳ 上訴審の審理
    • Ⅴ 裁判員制度と控訴審のゆくえ
  • 第6章 再審弁護の技術と倫理
    • Ⅰ 再審制度と再審弁護士
    • Ⅱ 新証拠の壁-証拠の新規性
    • Ⅲ 証拠の明白性の判断方法-二段階の判断過程
    • Ⅳ 新証拠の発見-証拠構造分析の重要性
    • Ⅴ 再審請求の審理方法
    • Ⅵ 再審における法医学者と弁護士の倫理-誤判原因としての誤鑑定,不適切弁護