サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • 第1章 研究の課題と方法
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 研究の課題
    • Ⅲ 研究の方法
    • Ⅳ 本書の構成
  • 第2章 原価主義と時価評価
    • Ⅰ 時価評価の領域拡張と原価主義の揺らぎ
    • Ⅱ 生成期会計諸原則における原価主義の構造と論理
    • Ⅲ 資産負債アプローチにおける時価評価の構造と論理構成
    • Ⅳ 残された課題
  • 第3章 利益概念と情報価値
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 利益概念の二元化=非連携問題の発生と展開
    • Ⅲ 会計の本質的機能としての実現利益の決定
    • Ⅳ 企業行動としての会計行動と「経営者の意図」の情報価値
    • Ⅴ おわりに
  • 第4章 アメリカにおける利益測定論の展開
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 伝統的実現概念の確立
    • Ⅲ 資産・負債の認識規準としての実現の提示
    • Ⅳ 認識規準としての実現の否認
    • Ⅴ 収益認識規準としての実現への回帰
    • Ⅵ 実現概念変遷の理論的含意と現代的意義
    • Ⅶ おわりに
  • 第5章 ASBJ概念フレームワークにおける構造と機能
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 考察の視点と論点の整理
    • Ⅲ 「首尾一貫した理屈」と純利益の重視
    • Ⅳ 純利益重視を支持する本質的概念としての有用性
    • Ⅴ 純利益概念とその位置づけの普遍性
    • Ⅵ 2つの理屈の並存理由と関係
    • Ⅶ おわりに
  • 第5章補論 比較制度分析からみた内的整合性の意義
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 限定合理性と制度の役割
    • Ⅲ 制度的補完性と制度変化の可能性
    • Ⅳ おわりに
  • 第6章 業績報告と利益概念の展開
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 業績報告プロジェクトの経緯と概要
    • Ⅲ 利益概念二元化の経緯
    • Ⅳ 包括利益一元化論の論理構成
    • Ⅴ 主要論点の総括的検討
    • Ⅵ おわりに
  • 第7章 会計制度の形成プロセスと進化の可能性
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 基本的事実の確認
    • Ⅲ 経験的証拠とルール設定
    • Ⅳ ルール設定の特徴と基本パターン
    • Ⅴ 信念の形成メカニズムへの間接的接近
    • Ⅵ 会計の制度進化の可能性
    • Ⅶ おわりに
  • 第7章補論 会計基準のコンバージェンスと日本の対応戦略
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 予備的考察
    • Ⅲ コンバージェンスの展開過程の理論分析
    • Ⅳ おわりに
  • 第8章 研究の総括と展望