サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 第1講 刑法の意義と役割
    • 1.「刑法」の意義
    • 2.刑法の歴史
    • 3.刑法の総則と各則
    • 4.刑法と刑事訴訟法、刑事施設ニ於ケル刑事被告人ノ収容等ニ関スル法律
    • 5.刑法と刑事政策
    • 6.刑法と行政法
    • 7.刑法と民法
    • 8.立法と判例と学説
    • 9.刑法の役割
  • 第2講 犯罪の基礎的問題
    • 1.「犯罪」の定義
    • 2.犯罪構成要素
    • 3.行為原理
    • 4.法益保護の原則
    • 5.謙抑性・補充性の原則
    • 6.責任原理
    • 7.客観主義の学説の系譜
    • 8.主観主義の学説の系譜
    • 9.結果無価値論と行為無価値論
  • 第3講 刑罰の基礎的問題
    • 1.刑罰の種類
    • 2.死刑
    • 3.自由刑
    • 4.財産刑
    • 5.刑罰の適用
    • 6.刑の量定
    • 7.刑罰の執行と執行猶予
    • 8.仮釈放
    • 9.保安処分
    • 10.刑罰の目的と思想
  • 第4講 罪刑法定主義と刑法の効力
    • 1.罪刑法定主義
    • 2.刑法の効力(適用範囲)
  • 第5講 犯罪論の体系
    • 1.犯罪論の体系の意味と必要性
    • 2.犯罪論の体系と行為論
    • 3.犯罪論の体系と構成要件
    • 4.犯罪論の体系と違法性・責任
    • 5.体系的思考の再評価
    • 6.犯罪体系論の二つのアプローチ
    • 7.犯罪の「要件」と「要素」との関係
  • 第6講 行為と構成要件
    • 1.「行為論」の意義
    • 2.因果的行為論
    • 3.目的的行為論
    • 4.社会的行為論
    • 5.行為と構成要件
    • 6.構成要件の意義
    • 7.構成要件の機能
    • 8.三つの構成要件論
    • 9.構成要件の要素
    • 10.構成要件の主観的要素と規範的要素
  • 第7講 因果関係
    • 1.因果関係の意味と役割
    • 2.条件関係
    • 3.条件説と相当因果関係説
    • 4.判例の動向
    • 5.学説の動向
    • 6.不作為の因果関係に関する判例
  • 第8講 不作為犯
    • 1.不作為と作為の構造的な相違
    • 2.真正不作為犯と不真正不作為犯
    • 3.不真正不作為犯の問題
    • 4.不作為犯の作為義務と保障人的地位
    • 5.判例の立場
    • 6.学説の動向
  • 第9講 違法性論の意義と機能
    • 1.違法性の体系的地位
    • 2.違法性の実質
    • 3.行為無価値論と結果無価値論
    • 4.客観的違法論と主観的違法論
  • 第10講 可罰的違法性と違法の統一性・相対性
    • 1.可罰的違法性の意味と機能
    • 2.二つの可罰的違法性論
    • 3.可罰的違法性に関する判例
    • 4.違法の統一性と相対性
  • 第11講 違法性と違法阻却事由
    • 1.違法阻却事由と違法減軽事由
    • 2.違法阻却の一般原理
    • 3.違法阻却事由の分類
  • 第12講 正当行為
    • 1.法令による行為
    • 2.正当な業務による行為
  • 第13講 正当防衛
    • 1.正当防衛の違法阻却の根拠
    • 2.正当防衛の成立要件
    • 3.過剰防衛・誤想防衛
    • 4.盗犯等防止法の特例
  • 第14講 緊急避難
    • 1.緊急避難の法的性格
    • 2.緊急避難の要件
    • 3.過剰避難・誤想避難
    • 4.自救行為
  • 第15講 被害者の同意
    • 1.被害者の同意の性格
    • 2.違法阻却の根拠
    • 3.同意の効果と範囲
    • 4.同意の要件と有効性
    • 5.傷害と同意
    • 6.推定的同意
  • 第16講 責任論の基本問題
    • 1.責任の意義と責任主義
    • 2.責任の本質と意思の自由
    • 3.行為責任、人格責任、性格責任
    • 4.心理的責任、規範的責任、可罰的責任
    • 5.責任要素と責任判断
  • 第17講 責任能力
    • 1.責任能力の本質と性格
    • 2.心神喪失と心神耗弱
    • 3.判例による責任能力の判断
    • 4.刑事未成年者
    • 5.責任無能力者に対する措置
  • 第18講 原因において自由な行為
    • 1.問題の所在
    • 2.判例の動向
    • 3.学説の状況
  • 第19講 故意
    • 1.故意の意義と体系的地位
    • 2.故意の構成要素
    • 3.故意の種類
    • 4.未必の故意と認識ある過失の区別
    • 5.形式的故意論と実質的故意論
  • 第20講 錯誤論(その1)
    • Ⅰ 事実の錯誤
    • Ⅰ-1.構成要件的事実の錯誤
    • Ⅰ-2.異なる構成要件間の錯誤
  • 第21講 錯誤論(その2)
    • Ⅰ-3.規範的構成要件要素の錯誤
    • Ⅰ-4.違法阻却事由の錯誤
    • Ⅱ 違法性の錯誤
    • Ⅱ-1.判例の動向
    • Ⅱ-2.学説の状況
  • 第22講 過失
    • 1.過失の意義と種類
    • 2.過失犯の構造-新旧過失論
    • 3.許された危険と信頼の原則
    • 4.注意義務とその基準
    • 5.管理・監督過失
  • 第23講 未遂犯と実行の着手
    • 1.未遂犯の種類と効果
    • 2.実行の着手(学説)
    • 3.実行の着手(判例)
    • 4.間接正犯と離隔犯の実行の着手
  • 第24講 不能犯
    • 1.不能犯の意義
    • 2.不能犯の学説
    • 3.不能犯の判例
  • 第25講 中止犯
    • 1.中止犯の性格と刑の減免の根拠
    • 2.中止行為とその形態
    • 3.中止の任意性-「自己の意思により」の意義
    • 4.予備の中止
  • 第26講 共犯の基本問題
    • 1.共犯の意義と処罰根拠
    • 2.共犯の従属性
    • 3.犯罪の共同か行為の共同か
  • 第27講 共同正犯
    • 1.共同正犯の意義と要件
    • 2.片面的共同正犯
    • 3.承継的共同正犯
    • 4.過失の共同正犯
    • 5.共謀共同正犯
  • 第28講 教唆犯と従犯
    • 1.教唆犯の意義と要件
    • 2.教唆の未遂と未遂の教唆
    • 3.教唆犯と間接正犯
    • 4.従犯の意義と要件
    • 5.共同正犯と従犯の区別
    • 6.間接教唆,間接幇助
  • 第29講 共犯の諸問題
    • 1.共犯と身分
    • 2.必要的共犯
    • 3.共犯と錯誤
    • 4.共犯の中止と共犯からの離脱
    • 5.予備罪の共犯
  • 第30講 罪数論
    • 1.罪数論の意義
    • 2.本来的一罪
    • 3.科刑上一罪
    • 4.併合罪