サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

パソコンで簡単!すぐできる生物統計 統計学の考え方から統計ソフトSPSSの使い方まで

パソコンで簡単!すぐできる生物統計 統計学の考え方から統計ソフトSPSSの使い方まで

  • Roland Ennos(著)/ 打波 守(訳)/ 野地 澄晴(訳)
  • 1章 統計学の世界へようこそ
    • 1.1 はじめに
    • 1.2 なぜ,生物学者が統計を使用しなければならないのか?
    • 1.3 統計学の論理と仮説検定を理解しよう
    • 1.4 なぜ,たくさんの統計的検定があるのか
    • 1.5 本書の使用法
  • 2章 データの変動性をどう処理するか
    • 2.1 はじめに
    • 2.2 データはなぜ変動するのか
    • 2.3 正規分布で用いられるパラメータ
    • 2.4 母平均と母標準偏差を推定する
    • 2.5 標本の変動性と中心極限定理
    • 2.6 母平均に対する信頼限界
    • 2.7 記述統計量の算定
    • 2.8 統計ソフトSPSSの使用
    • 2.9 SPSSによる統計計算の進め方
    • 2.10 SPSSにおけるデータの入力と編集
    • 2.11 SPSSを使って記述統計量を算定する
    • 2.12 複数のグループからのデータを入力し吟味する
    • 2.13 記述統計量の表し方
  • 3章 差があるかどうかを検定する:t検定
    • 3.1 はじめに
    • 3.2 なぜ,差に対する統計的検定が必要なのか?
    • 3.3 差に対する検定の方法
    • 3.4 片側検定と両側検定
    • 3.5 t検定の種類
    • 3.6 1標本t検定
    • 3.7 対の2点比較t検定
    • 3.8 2標本t検定
  • 4章 2つ以上のグループ間の差に対する検定:分散分析(ANOVA)
    • 4.1 はじめに
    • 4.2 1元配置分散分析
    • 4.3 どのグループが違うかを決定する:ポストホック検定
    • 4.4 反復測定分散分析
    • 4.5 2元配置分散分析
  • 5章 データ間の関連の見分け方
    • 5.1 はじめに
    • 5.2 データが関連しているかどうかの調べ方
    • 5.3 グラフを考察する方法
    • 5.4 直線的な関係
    • 5.5 直線的関連に対する統計的検定
    • 5.6 相関分析
    • 5.7 回帰分析
    • 5.8 よくある非線形な関係式についての考察
  • 6章 データをカテゴリーに分類して処理する方法
    • 6.1 はじめに
    • 6.2 データの変動(ばらつき)の問題をどう解決するか
    • 6.3 差に対するx2検定
    • 6.4 関連に対するx2検定
    • 6.5 x2検定が有効な場合
  • 7章 データの分布を見分ける方法
    • 7.1 はじめに
    • 7.2 データの分布を考察する方法
    • 7.3 データが正規分布していない場合どうすべきか
    • 7.4 データ分布が正規分布と有意差があるかどうかの検定
    • 7.5 コルモゴロフ-スミルノフ検定
    • 7.6 コルモゴロフ-スミルノフ検定を使用する場合の注意
  • 8章 不規則な分布のデータや順位の処理:ノンパラメトリック検定
    • 8.1 はじめに
    • 8.2 1標本の符号つき順位検定
    • 8.3 Wilcoxonの符合つき順位検定
    • 8.4 Mann‐Whitney U検定
    • 8.5 Kruskall‐Wallis検定
    • 8.6 Friedman検定
    • 8.7 順位相関分析
  • 9章 検定の選び方,実験を立案する方法,および結果を表現する方法
    • 9.1 はじめに
    • 9.2 検定の選び方
    • 9.3 実験を立案する方法
    • 9.4 結果を処理する方法
    • 9.5 結果を表示する方法
    • 9.6 より複雑な統計解析
    • 9.7 おわりに
  • 10章 測定値と単位の取り扱い
    • 10.1 はじめに
    • 10.2 精度の高い測定を行う
    • 10.3 SI単位へ変換する
    • 10.4 数値を組合わせて演算する
    • 10.5 計算結果の答を表現する
    • 10.6 3つのステップをすべて実行する
    • 10.7 定数と公式
    • 10.8 計算を使いこなす
    • 10.9 対数,グラフとpH