サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • はじめに−「いのちはなぜ大切なの?」
  • 第一章 美しい話ぼかりでは、いのちの大切さは伝えられない
    • 「いのちの授業」を再点検してみる
    • (1)「いのちはひとつしかない」から大切なのか?
    • いのちに限りがあることを実感する「非日常」
    • 非日常の美しさは、長くは続かない
    • (2)「死がこわくないから」いのちを大切にしないのか?
    • (3)「いのちは先祖からつながってきたものだから」大切なのか?
    • いままさに若しんでいる人に「いのちのバトン」の話は有効か?
    • 「いのちのバトン」のもう一つの危険
  • 第二章 「死はこわいと思うのが正しい」のか?
    • 「いのちの教育」には答えがない?
    • いのちの教育のための「認識論」
    • ○×で答えられる問題と、答えられない問題
    • 「死はこわい」は、○×で答えられるか?
    • 「認識論」が持ついのちの教育への可能性
    • 同じ状態でイライラしない理由を考えてみる
    • 死を前にして、なぜ死をこわくないと思えるか
    • 苦しみから自由になる「手放し感」
    • 「死はこわいと思うこと」は正しい場合と正しくない場合がある
    • いのちの教育は、きれいごとであってはいけない
  • 第三章 傷つける原因は「苦しみ」である
    • 「いのちの教育」のゴールは、人や自分を傷つけないこと
    • 傷つけるのは、苦しみがあるから
    • 苦しみはなくならない。苦しくても傷つけない方法を考える
    • 希望と現実の開きが「苦しみ」
    • 理不尽な苦しみ
    • 原因を取り除けないときにどうするか
  • 第四章 人がおだやかでいられるための「三つの柱」
    • (1)将来の夢
    • 一人称の幸せには限界がある−『ファウスト』から学んだもの
    • 将来の夢−私の場合
    • 夢が見つからない人もあわてなくていい
    • (2)大切な人との関係
    • 凶行を思いとどまらせた母親のひと言
    • 「最後の治療」−難病の少女の詩
    • あなたに支えがいなかったとしても、あなたは誰かの支えになれる
    • (3)自分の自由
    • 「自分が大事な人間である」と思える
  • 第五章 苦しみをとり除き、自分を肯定するためには
    • very good(とてもよい)とgood enough(これでよい)
    • 役に立つ
    • 役に立たなくなったときどうするか
    • 「自立」を失っても、「自律」は失わない
    • 一人ひとりの支えられ方は、非常に個別性が高い
    • 苦しみの中にいる人は、自分を外からは見られない
    • 「僕にはぜったいこの病気が必要だった」
  • 第六章 「ニヒリズム」は超えなければならない
    • 人生に意味はない?
    • 信念同士は対立する。だからほかに共有できるものを探す
    • すべてを認める
    • 思春期はなかなか自分を好きになれない。でもそれは必要な時期
  • おわりに−なぜ人は苦しみながら生きていくのか
  • 参考文献